モテない子って、周りが見えてない人が多いですよね。
だからモテテクを勉強しても使う場所やタイミングがおかしくてうまく作用しない……。

特に周りから見てイタイ、男にドン引きされるモテテクを勘違いして使っているのは見るのも辛い。
そんな、“それじゃない感”が強い「勘違いモテテク」を集めたので、していないか一度考えてみてください。

(1)引くほどあからさまなボディタッチ

『みんなが見てる前でべたべたされるの好きじゃない男は結構いると思う。困る』(30歳/アパレル)

男はボディタッチが好き。
それは確かに間違っていません。

でも、触るタイミングや、周りのことを無視したボディタッチはすごく嫌われます。
なぜなら男は友達や周りにからかわれるのが大嫌いだから。

からかわれることで下に見られたり、いじられたりしちゃうんです。
だから空気を読まない過度なボディタッチは男にドン引きされてしまいます。

(2)声のトーンがさっきまでと違う

『やたら高いアニメ声で喜ぶのはモテたことがない大学生くらいだと思う』(32歳/人事)

男によって声色がかわる女子っていますよね。
多少はだれでもよそ行き声になるかもしれませんが、アニメ声やキンキンに高い声を出して男にアピールしている人は目立ちます。

冷静な男はそのギャップにびっくりしてしまうし、高い声が耳障りと感じる人も。
二人きりでいちゃつくときなんかはいいかもしれませんが人がいる前であからさまな猫なで声やアニメ声を出すとひく人が多いので気をつけましょう。

(3)胸の谷間アピール

『見せてくるような露出はただ目のやり場に困る。なんなら、下品』(33歳/コンサル)

露出をよしとする年齢もありますが、アラサーの色気はあからさまにすればするほど下品になります。
特に胸の谷間がぱっくり空いた服なんかは、目のやり場にこまる男が多いようです。
露出が好きでも、年齢に合わせた違うセクシーさを出すように切り替えていった方が「勘違い」と思われなくていいですよ。

(4)死んだ目での相槌

『合わせる気があるなら、心ここにあらず感は隠して欲しい』(34歳/金融)

男には「そうだよね」「すごーい」「一番すごいね」などのテンプレセリフを言っておけばOKと思っていませんか?
男は話を聞いてほしい生き物だから、おおむね間違ってはいませんが、男性は、その返事の裏にある本気度にも敏感

心ここにあらずの返答をしていると逆鱗に触れかねません。
その時は何もなくても「適当に合わせてくるやつ」としてフェイドアウトされてしまいます。


これをやったら落とせるという恋愛テクニックですが、相手や場所を考えずに実践すると、勘違いさんになってしまいます。
モテテクを使って手っ取り早くモテたいかもしれませんが、モテる女は周りが見えています

先走って周りに惹かれないようにモテテクをつかえるようになりたいですね。

(文/恋愛jp編集部)