好きな人と出かける時の恰好って悩みますよね。
気合を入れたいけど気合を入れす着たのが伝わると恥ずかしい。
そんな風に悩む時に有効な、好きな人をメロメロにする「色恋コーデ」をご紹介します。

(1)シンプルな服装×髪にスカーフ

『個性的なスカーフにオシャレしているとオシャレ上級者を感じます』(29歳/アパレル)

ヘアスタイルにもアクセントが欲しいけど、派手なアイテムは若作りっぽくて……という方におすすめなのが、スカーフを使ったヘアアレンジ。

スカーフは巻き方にバリエーションが豊富で、長い髪なら一緒にゆるく編み込むのも素敵です。
コーディネイトがシンプルでちょっと差し色やアクセントが欲しい時に使ってみてください。

(2)水玉ワンピースにデニムジャケット

『女の子って感じがするワンピースが似合う彼女、最高ですね。欲しい』(28歳/IT)

女の子らしいファッションど真ん中なのが水玉ワンピース。
ふわふわのスカートがはためくたびに男心も揺れるでしょう。

個性的なアイテムですが、デニムジャケットで甘くなりすぎないコーデにまとまります。

(3)カーキと白シャツを合わせたきちんとコーデ

『大人っぽい恰好が似合う人が素敵ですね。恰好が若かったり、個性的過ぎたりするとひいてしまいます』(33歳/コンサル)

甘めコーデやかわいいだけのコーディネイトより、かっちり目の私服が似合う大人っぽさが武器になります。

おすすめのカラーはブラックやカーキ。
白シャツをインナーにすることでできる女感が際立ちます。

デート相手や場所、シチュエーションに合わせた私服のチョイスができると、できる女な印象も与えられますよ。

(4)Tシャツに短パンやタイトスカートのラフコーデ

『お泊りの次の日のラフな私服が可愛いと惚れ直します』(32歳/営業)

気合を入れたデート服も大事ですが、気をぬいたラフな服装が自然でオシャレだとさらにポイントが高くなります。

疲れてくたくたで、とても彼に見せることのできないダル着を選んでしまっていませんか?
オフの服も楽しめて、彼に見せても恥ずかしくないものを選びましょう。


男性はいきすぎた女のオシャレに警戒します。
とはいえ普通過ぎたり、シンプルすぎたりするよりはちょっといい女でいてほしいと思っているわがままな生き物。

デートする相手に合わせて、コーディネイトの幅も多く持っておくのが得策。
そして、ラフな格好ほど気を抜かずにいることが大切です。
恋が加速するよう、色々な印象を与えられる恋色コーデをいくつか持っておきたいですね。

(文/恋愛jp編集部)