身の周りにいるフリーの男性で、「彼女いらない」と言っている人はいませんか?
誰でも恋愛はしたいものですが、彼女欲しがらない心理はどんなものなのでしょうか。
また、実際のところ本音はどうなのでしょうか。

今回は、「彼女いらない」という男性の本音について迫っていきたいと思います。
彼女を欲しがらないと言うそのスタンスには、意外な真意が隠されているかもしれません。

(1)正直欲しいけれど強がっている

『いや、本当はめっちゃ欲しいです…』(28歳/人事)

実際のところ、彼女がいらないと思う男性なんてなかなかいません。
目の前の男性が彼女いらないと言っていたら、まずは「強がり」であることを疑いましょう。

フリーが恥ずかしいと感じているのか、逆に「いらない」と言うことで虚勢を張っている可能性があります。
特に周りが彼女持ちだらけだと、余計に拗ねてこのようなひねくれ発言をする場合ありです。

(2)彼女は作らず遊びたい

『本当にいらないです。だって遊びたい盛りですもん(笑)』(26歳/営業)

恋愛はしたいけれど彼女は欲しくないという場合もあります。
この場合は、ただ一時的な恋愛を楽しみたいというのが本音でしょう。

一人の女性と付き合うと決めず、ふらふらと多くの女性と遊んでいたいのかもしれません。
いわゆる「チャラい」男性にはよくありがちな考え方です。
真剣に一人の女性と付き合うことの方が、今は面倒臭いと感じているのでしょう。

(3)恋愛にトラウマを抱えている

『またあんな思いをするのは死んでも嫌!』(29歳/広告)

恋愛そのものにトラウマを抱えているケースもあります。
この場合は少し複雑で、恋愛したい気持ちはあれど、彼女を作ることには不安を感じているのでしょう。

元カノとの間にひどいトラブルがあった後だと、彼女が欲しいと思う気持ちは薄れるものです。
彼的には、今は彼女は作らず、恋愛のトラウマを癒していきたい時期なのかもしれません。

(4)恋愛以外のことに夢中になりたい

『とりあえず仕事!仕事が彼女みたいなものです!』(27歳/コンサル)

本当に彼女なんて全くいらないと思う瞬間もあります。
それは主に仕事や趣味など、恋愛以外のことに夢中になりたい時期に来るものです。

今は恋愛にうつつを抜かず、自分のやりたいことに一生懸命になりたいのでしょう。
確かに、別でやりたいことがある人にとっては、ある意味恋愛は鬱陶しく感じるものです。


本気で彼女をいらないと思うことは意外と少なく、その発言の裏には本音があります。
もし自分の好きな人が、彼女いらないという発言をしたら、ちょっとショックですよね。

しかしその発言には、何か別の本音が隠されているのかもしれません。
本音を知れば、相手の男性の心理状態もよく分かることでしょう。
相手の心理が分からない……という時は、ぜひ以上のポイントを参考にしてみてください。

(文/恋愛jp編集部)