付き合いの長いカップルによく起こりがちなのが、相手の存在が当たり前になりすぎて、刺激が徐々になくなっていくこと。
日々の刺激が感じられなくなってしまうと、恋の熱が冷めてしまい、本当に自分のことを愛しているのか疑いが出てきてしまいます。
今回は彼が彼女に「俺のこと好き?」と感じてしまう瞬間についてまとめてみました。

(1)LINEの返信なし

『不安になる』(29歳/公務員)

長年付き合っているとLINEの返信すらも気にならなくなってくるもの。
信頼があるからこその現象ではありますが、もしかしたら彼はちょっぴり寂しがっているかもしれません。

特にひどいのは既読しているのにスタンプすら返さない完全な既読スルー
いくら信頼があるからとはいってもカップルとしての報連相が成り立たないないのは大問題。

大人としてのコミュニケーション能力も疑いたくなってしまいますよ。

(2)女性として努力しない

『どんどんダサくなる彼女。嫌気がさします』(28歳/金融)

付き合った当初は毎回洋服を変えてみたり、メイクやヘアスタイルにも気を使っていつもきれいだった彼女。

付き合いが長ければ長いほど、お洒落どころかすっぴんでうろつくのがもはや当たり前になってきて、女性としての努力をしようとしない彼女から女性の魅力を感じられなくなってしまうこともあります。

長年付き合っていて、すっぴんまで知っているけど、時にはお洒落をして振る舞ってほしいと彼は望んでいます。

(3)友達との付き合いの方が大事

『おれがメンヘラだったらやばかったな、お前』(27歳/広告)

せっかくの休みだからたまにはどこかに行こうと彼だって計画したくなるもの。
しかし、家での付き合いが楽になりすぎて彼との外出は正直あまり望んでいない女子が多くいるのです。

出かけるときは彼よりも女友達との付き合いの方が楽しめたりすることも。
しかしいつも、友人とばかりでかけて自分との時間が減ってきてしまうと彼も、自分より友人の方が大事なの?と嫉妬してしまいます

(4)冗談なのに……

『仕方ないのかなあ?』(25歳/事務)

付き合った当初は気軽に冗談をいったら思いっきり笑ってくれていた彼女。
長年付き合っていたり、夫婦になると彼の冗談すら面倒くさく感じてしまうことがあります。

彼に今まで以上の面白さを求めてしまう気持ちはわかりますが、ちょっとした冗談が通用しないのは彼としてもさみしくなってしまいます。

また、冗談のつもりでいった言葉を本気にして激怒されてしまい、自分を受け入れてもらえない彼女にがっかりしてしまうこともありますよ。


信じているからこそ、テキトウにあしらってしまいがちですが、時には彼を大切に思う気持ちを取り戻してみて下さい。

今までしていた振る舞いが少しきつかったかな?と思うだけでも、彼とのこれからの付き合いをよくするきっかけにもなるはずです。

(文/恋愛jp編集部)