彼とのお泊り、朝は気持ち良く起きて欲しいですよね。
朝からラブラブな雰囲気を楽しめるのも、お泊りの醍醐味。
そこで今回は、お泊まりデートでヤりたい「彼の起こし方」を紹介していきます。

(1)キス

『ベタだけど、キスで起こして欲しい』(29歳/SE)

おはようのキスから始まるなんて、理想的なカップルですよね。
「朝だよ~」と言ってほっぺにチュ
彼がまどろんでいる時に、ほっぺやおでこに軽くチュッとキスして起こしましょう。

ラブラブな雰囲気にもなり、愛情を感じられる瞬間。
愛されてるなぁ~と幸せな気持ちになります。

ただし、朝から濃厚なキスはNG。
寝起きの悪い彼なら、頭がボーっとしている時に、激しく求められると不機嫌になっちゃうかも。

(2)ハグ

『朝から甘えてきたら、可愛くてしょうがない』(31歳/不動産)

まずは優しく彼に触りながら、「おはよ~朝だよ~」と声をかけましょう。
彼が、少し目を覚ましたら、優しくハグ
激しく揺り起こされると、イラッとなるので、最初は優しく起こすことが理想的です。

だんだん彼の目が覚めてきたら、甘えるようにギュッとハグしましょう。
朝から彼女に甘えられるのは、男性として理想のシチュエーション。
ラブラブな雰囲気に、愛されている実感が沸きますよ。

(3)朝食の匂い

『イイ匂いがして、トントントンって音が聞こえながら「おはよ」って起こされたら最高!』(27歳/公務員)

朝食のイイ匂いがしてきて、幸せな気持ちにならない男性はいません。
彼よりちょっと早く起きて、朝食の準備をすれば、かなりポイントアップ!
お味噌汁の匂いやコーヒーの匂いで目覚めれば、気持ちのイイ目覚め間違いなし。

彼の好みを聞いて、和食か洋食かを決めると良いですね。
新婚夫婦のような朝の幸せに、家庭的なイメージが沸くかも。
寝起きが悪い彼でも、機嫌良く起きてくるから試してみて。

(4)エッチな起こし方

『朝からイチャイチャできるなんて最高!』(33歳/広報)

朝からエッチな攻撃をされるのは、男のロマン
求められていることに嬉しくなり頭が覚醒、すぐに目覚めること間違いなし。

朝からイチャイチャできるのも、お泊りの醍醐味です。
彼女から迫られたら嬉しく感じるもの。
それが朝なら、目覚めもスッキリになるはず。

ただし、初めてのお泊りでは避けたほうがいいかも。
いきなり朝から襲われると、そんな経験をしたことがない彼ならビックリします。
ある程度の関係性ができてからなら、嬉しい起こし方になりますよ。


お泊りなら、朝から彼と一緒にいられるので嬉しいですよね。
できれば彼には気持ち良く目覚めてもらい、朝からイチャイチャしたいもの。
最高の起こし方で、彼ともっとラブラブになりましょう。

(文/恋愛jp編集部)