普段何気なく言っているセリフの中にも、男性を不快な気分にさせてしまうセリフというのが存在します。

気づかないうちに言っていると、自分でも気づかないうちに男性の気持ちが離れていってしまっている可能性もあります。
彼に嫌われる前に、男性が嫌がるセリフを知っておきましょう。

(1)嫉妬する

『うわ…めんどくさ…』(24歳/営業)

好きな人がいると、好きな人が異性と接触することでヤキモチを焼いてしまう女性も少なくないでしょう。
そのため、嫉妬している気持ちが相手に伝わってしまうセリフなどを言ってはいませんか?

最初のうちは可愛いと思ってもらえるヤキモチですが、度が過ぎてしまえば重く感じます。
また、それの相手をするのも疲れてきてしまうものです。
ヤキモチを焼いたとしても、ちょっと拗ねる程度の可愛い女性で居ましょう。

(2)私生活の指摘

『なんでそんなん言われなきゃいかんのよ!』(27歳/不動産)

女性から見ると、男性の気になってしまう点というのは色々あるのではないでしょうか?
そのため、ついつい色々言ってしまうことがあるかと思います。

特に、お金の使い方や生活習慣にまで口を出すのは注意する必要があります。
結婚しているならまだしも、恋人関係だと重たい女性だと思われてしまいがちです。

(3)結婚の話

『少し守りの体制に入りますね』(28歳/企画)

女性の中には結婚に憧れている人も多く居ます。
そのため、彼との付き合いが長くなってくれば期待もしてしまいます。
ですが、結婚にまつわる話題ばかり振るのはNGです。

彼が、結婚を意識していなかった場合ただの重い女性になりかねません。
彼と結婚したいという気持ちもわかりますが、時には相手の温度に合わせるということも意識する必要があります。

(4)頻繁な連絡

『そんなに時間を取られたくないです』(30歳/管理)

好きな人には構って欲しいという気持ちを持ってしまうものです。
しかし、だからと言って過剰に相手から連絡を求めてしまうのはやめましょう。

中には、長文のLINEを送ったりしてしまう女性もいます。
しかし、相手にも都合というものがあるので自分の要求ばかりを押し付けるのも相手に重いと思われてしまうことになります。


男性と会話する中で、重いと思われてしまうと引かれてしまうことが多いです。
好きな気持ちが空回りして、そのようなセリフを吐いてしまうこともあるかもしれませんが気を付けましょう。

普段何気なく言っているセリフの中にも、男性が冷めてしまうポイントはありますから意識してみましょう。

(文/恋愛jp編集部)