最近は、LINEスタンプの種類も増えて、一言で済ませたい時なんかはスタンプがとっても便利。
でも、良かれと思って送ったスタンプが相手にとって不快に思うこともあるんです。
男性がイラっとするNGなスタンプの使い方とは?

(1)スタンプでの返答が多すぎるとNG

『相談してもOKのスタンプとか泣いてるスタンプとか……誰と会話してるんだかわかったもんじゃない』(24歳/大学院生)

男性が頑張って長文を送ったのに、スタンプで返答されてしまうと男性は「え?それだけ」と思ってしまいます。
と思っていたらまたスタンプ……。

メッセージ付きのスタンプが送られてきた後に次は意味のわからないスタンプだったりすると男性はイラッ……。
これでは、どう返信したらいいか男性もわからなくなってしまいますよね。

さらに、男性が返信文を打っている時にスタンプが連続でくるとイラッとさせちゃうので要注意!

(2)自分本位なスタンプの種類はNG

『なんかすごいヤバい変な謎のスタンプ送られてきて、目が点になってしまいました』(28歳/人事)

自分が好きなキャラクターのスタンプや、女子っぽさ満開のスタンプに男性は引いてしまう可能性もあります。
そのキャラ好きな人や女友達とするLINEではOKですが、男性に送るスタンプは男性のことを考えたスタンプを送るように気を配ることが大事です。

スタンプの送信には、受け取る側と必ずしもテンションは同じではないということを頭に入れておかなければなりません。

(3)スタンプの連投は心がこもっていない

『うるせぇバカ。黙れ、ひねりつぶすぞそのスマホ』(27歳/IT)

スタンプを連投するやりとりが面白い関係性を築いていれば良いですが、なかなか男女間ではそのような関係性が築くのは難しいもの。
特に、彼氏や気になっている人となれば、女性からスタンプの連投が続くと心がこもっていないと思われがち。

文章で気持ちを伝えるからこそ男子はドキッとしたり、「かわいいな」と思ってくれたりするものです。
スタンプのみだと、文章を打つのがめんどくさいのかなと思われてしまう可能性もあるので気をつけましょう。

(4)意味のわからないスタンプはイラっとさせる

『なんとも言えないこっちを見つめるスタンプと数秒にらめっこした』(22歳/大学生)

メッセージのないスタンプや送った文章に対して意味のわからないスタンプが送られてきたりすると「どういう意味?」と男性に思われてしまいます。
男性はそのスタンプに対して「どういう意味?」と聞き返さなければならず、イラっとさせることも……。

自分の中だけで解釈してしまうと、男性との関係がこじれてしまう原因になるので、スタンプの送信は送る前にこのスタンプでいいのかどうか考えてみましょう。


いかがでしょうか?
LINEのスタンプは、簡単な返信の代わりになるのでとても便利なものな反面、男性をイラッとさせてしまうことが多いことがわかりました。

スタンプを送った際はそのあとすぐに一言文章を送るなどして、男性をイラッとさせないように工夫してみましょう。

(文/恋愛jp編集部)