男性から見て田舎者の女性は、付き合う対象として見てもらえないことが多いようです。
しかし、実際田舎者の女性にとって、どうすれば田舎者と思われずに済むのかわからない場合が多いようです。

そこで、男性に鼻で笑われる「田舎者女子」の特徴についてまとめてみました。

(1)野暮ったいファッション

『前期の大学1年生みたいな子とは一緒に歩きたくない』(25歳/企画)

田舎者と思われてしまう原因には、服装が野暮ったいということが考えられます。
流行に乗れていない、季節感がない、などといったコーディネートは、男性から野暮ったいと思われてしまいます。
服装がダサい女性は、実際田舎者ではない場合も男性にモテません。

さらに、女子力が低いと思われてしまうことにも繋がります。
そのため、田舎者と思われないためにはファッションには充分注意を払う必要があります。

(2)顔が薄い

『それナチュラルメイクじゃなくて、ただのノーメイクだよ(笑)』(30歳/金融)

ノーメイク、またはメイクが薄い女性は、顔自体が薄い印象になりがち。
顔が薄い女性は記憶に残らない上に、垢抜けていないことから田舎者と思われてしまうことも。
とはいえ、逆にメイクが濃過ぎると、無理してる感が出てしまうことで田舎者に見られてしまいます。

田舎者だと思われないためには、メイクは流行を取り入れ、濃くなり過ぎないよう意識することをおすすめします。

(3)会話の中になまりが出てしまう

『君はどこの村からやってきたのかな?』(27歳/IT)

男性との会話の中で、ふとしたときになまりが出てしまうと、その瞬間田舎者ということがバレてしまいます。
多少のなまりであれば可愛い印象に繋がることもありますが、濁点をつけるようななまりは男ウケしないので避けるべきと言えます。
そのため、男性の前では日頃から標準語での会話を心がけることをおすすめします。

特に第一印象は非常に肝心なので、なまりを出さないよう注意しましょう。

(4)ブランド物や流行を取り入れ過ぎ

『随分、必死だなぁ……』(25歳/営業)

ブランド物や流行を手当たり次第取り入れるようなコーディネートは、田舎者っぽい印象を与えます。
ワンポイントでさりげなくブランド物を取り入れているのと違い、大きいロゴ入りのブランドアイテムを何種類も身に付けると、センスが悪いと思われてしまうことも。
そのため、ブランド物をコーディネートに取り入れる場合には、組み合わせには充分気を付けましょう。

ロゴはなるべく小さめのデザインを選ぶことで、逆にセンスがいいという印象にも繋がるので、上手にコーディネートしましょう。


いかがでしたでしょうか。
モテを意識するなら、男性に鼻で笑われないためにも、田舎者の特徴を避けることをおすすめします。

(文/恋愛jp編集部)