メイクでは、自分のコンプレックスをなるべくカバーしたいですよね。
だからといって盛りすぎは男性ウケ良くありません。
バッチリカバーしていても、ナチュラルメイクに見えることが今の主流。

そこで今回は、男がガッカリする「女子の残念メイク」を、紹介していきます。

(1)ファンデ厚塗り

『おばさん?』(26歳/不動産)

ファンデーションの厚塗りは、他のメイクを薄くしても、メイクしてる感がでるもの。
厚塗りにすると、白浮きするのでどうしても老けて見えます。

ナチュラルメイクは、素肌感が大事!
厚塗りする原因は、隠したいところがあるから。
それをファンデーションでカバーすると、どうしも不自然な仕上がりになります。

気になる部分は、コンシーラーで部分的に隠すようにしましょう。
最初からベッタリ塗ると厚くなるので、徐々に重ねるようにすれば、厚塗りは防げますよ。

(2)整形アイメイク

『どれだけ書き足してるの?っていう目は嫌い。盛ればいいってもんじゃないでしょ』(31歳/金融)

やはり、アイメイクは力を入れたいパーツですよね。
コンプレックスに感じている人も多いパーツでもあります。
だからといって、整形級にアイメイクするのはNG。

パッチリな目元にするため、黒のアイラインをガッツリ入れ、目尻を長めに上へ引き上げると、作った目になります。
つけまつげをバサバサに付けるのもNG。

アイラインは短めにブラウンで入れると、柔らかい印象になります。
つけまつげも気になるところだけ部分付けをすると、バサバサにはなりません。
全て足すのではなく、引き算でメイクしてみると良いですよ。

(3)太すぎる眉

『もっさりしている眉は、田舎の子みたい』(27歳/コンサル)

細い眉は昔っぽさが出るので、流行の太眉に移行している人がほとんどと思います。
ナチュラルな太眉が流行っているとはいえ、お手入れをしていない眉は残念メイク。

また、もともと細めの眉を、太く描くと不自然な印象になるもの。
のっぺりとした田舎臭さが出る眉に…。

一番は、自分に合った眉にすること。
自分の自然な眉の形を整えることが先決です。
眉山に角度をつけないように描けば、昔っぽい眉にはならないので、無理に太くする必要はありませんよ。

(4)カラコン

『目の中ほぼ黒いのが可愛いの?』(33歳/IT)

黒目を大きくするカラコンは必須という女性も多いと思います。
大きい黒目は可愛らしいイメージになりますよね。
しかし、あまりに黒目が大きすぎると、不自然さのほうが勝ち、残念メイクに…。

カラコンに慣れてしまうと、もっと大きいものをと選びがち。
しかし、白目と黒目の配分を間違えると、可愛らしさも半減します。
気持ち大きくぐらいに留めておきましょう。


目指すのは、しっかりコンプレックスをカバーしているのに、自然に見えるメイク。
トレンドも大事ですが、それが自分の顔に合っているかは別問題です。

コンプレックスに集中するのではなく、自分の長所のパーツをキレイに見せるメイクを目指しましょう。

(文/恋愛jp編集部)