カップルはもちろん彼と良い関係になっていくと使うのがLINEのビデオ通話。

どんな時でもそばにいたいと感じた時に、すぐに相手の顔がみれるのが魅力的で頻繁に使っているという人も多いのではないでしょうか?
とくに遠距離恋愛では欠かせないツールとも言えるでしょう。

今回はそんなLINEビデオでいつも以上に可愛い自分をアピールできるモテテクのついてまとめてみました。

(1)5分以内が理想的

『ダラダラ長く話すより、パッと話して終わりにした方がまた話したくなります』(28歳/広告)

まずビデオ通話をする際に重要なことは、どれくらい通話をするかということ。
長すぎても他にやりたいことがあれば生活に支障が出てきますし、たまにあった時の喜びや特別感が薄れてしまいます。

ビデオ通話をする際、週に一回は会えるカップルは5分以内。
遠距離でもせめて7~10分程度にしておくことが大切。
ビデオ通話はどちらかと言えば話を楽しむより、会える喜びを知るためのものです。

(2)ペットとじゃれる

『ペットとじゃれてる女の子ってすごく可愛いです』(26歳/不動産)

ペットがいる人はペットとじゃれ合う姿を彼に見せつけるのもアリ。
可愛いペットと彼女の姿に見ているだけで癒されるもの。

また無邪気な姿が面白くて、ただ単にビデオ通話を楽しむよりも数倍楽しむことができますよ。
彼は思わずペットに嫉妬して俺もじゃれ合いたいと感じることでしょう。

次に会った時はいつもよりも甘えてくる彼の姿があるかもしれませんね。

(3)お風呂上りでルームウェア

『生活感ある感じが可愛くて好きです』(31歳/SE)

どうせビデオにするなら気になってくるのが服装。
男性陣がビデオ通話中、彼女にしてもらいたい服装でダントツ人気なのがルームウェア姿。

プライベート感ががっつりあって、まるで見てはいけない部分を覗き込んでる気持ちになるようです。
さらにお風呂上りだと想像を膨らませることができ、尚GOOD。

匂いまでを伝えることが出来ないのは残念ですが、彼女の私生活をしっかり見れるのは男性にとって魅力的なことです。

(4)ビデオ通話のマナー

『ビデオ通話は家でゆっくりやりたいかな……』(26歳/IT)

ビデオ通話をする際、気を付けておきたいことと言えば、マナー。
お互いがビデオをしても大丈夫な状況であるか?

彼は外にいるのに、何の前触れもなく、突然彼女からビデオ通話がきてしまうとびっくりして慌てることもあるでしょう。
ビデオ通話をする際に大切なのは、必ず相手の状況を聞いて今ビデオにできるか確認すること。

できれば自分の部屋など落ち着いて通話できる場所が理想的ですよ。


いかがでしたでしょうか?
ビデオ通話は非常に便利なツールではありますが、マナーや環境、相手の意志をきちんとしないと迷惑な行為になってしまうことも。

上手に取り入れて、是非モテテクをこっそり実践してみて下さいね。

(文/恋愛jp編集部)