みなさんは、誰かにかまって欲しい時ってありますか?
しかもそのかまってくれる相手が、好きな男性だったら最高ですよね。

では、ほとんどの人が使用しているはずのLINEを使って、なにか男性にかまってもらえる方法はないのでしょうか?

ここでは「男が返信したくなるかまちょLINE」についてみていきましょう。

(1)スタンプだけを送る

『ペンギンのやつで「ひま~」ってきたら返すしかないですよね』(28歳/教員)

LINEには、かわいいスタンプもたくさんありますよね。
有料のスタンプには、可愛らしいキャラクターがあったりしますが、無料のものでも使えるスタンプはたくさんあります。

そんなスタンプを活用するテクとして、簡単な方法があります。
それは、スタンプだけを送ること。

LINEが届いたなと思ってみてみるとスタンプだけしか届いてないとなれば、「どういう意味だろう……?」と気にするはずです。
そして相手から必ず返信が来ると思われます。

送るスタンプも相手が不思議に思いやすいようなものを選ぶとなお効果的でしょう。

(2)わざと送る相手を間違える

『え、なになに?って返信せざるを得ない(笑)これは一杯手を喰わされたなぁ』(25歳/公務員)

「いま〇〇のカフェに来てるよ!ご飯がおいしい!」と友人や家族に送るようなメッセージを、わざと気になる男性に送ってみましょう。
少し罪悪感があるかもしれないですが、その間違えたLINEのおかげで話が続く可能性もあります。

そうすると「送り相手間違ってる?」と彼からメッセージがくるでしょう。
そしたら「間違えちゃった!けど、ここ今度一緒に行かない?」と話しが発展することもあるかも。

(3)ネガティブ発言を送る

『彼女がネガティブになってたらすぐにでもLINEします』(27歳/本屋)

「なんだかできる気がしない……」「今日は1日ひとりだな……」「元気がでない日だな……」などと、ネガティブな発言を一言だけ送ってみちゃいましょう。
連発で送るとかえって嫌がられますので要注意。
一言だけにしてください。

すると、彼は「何かあったのかな?」と気にして返信してくることでしょう。

(4)「会いたい」とストレートに

『僕も会いたいよマイハニィ~♡』(29歳/商社)

遠回しでアピールするのではなくて、ストレートに伝えることも良いですね。
「会いたい」「声がききたい」などとちゃんと気持ちを伝えると、彼もしっかりとあなたの気持ちを受け止めてくれるでしょう。

遠回しに伝えると、相手によっては伝わらない場合があります。
なので、かまって欲しいと素直に直球で伝えるのが良いときもあるはず。
つまり、彼の性格をよく知ることも大切ですね。


いかがでしたか?
誰にだって誰かにかまって欲しい日ってありますよね。
かまってもらうには色々な方法がありますが、LINEを使用すれば上手くいくときもあるので、ぜひ活用してみましょう。

(文/恋愛jp編集部)