突然、酔っている相手からLINEが来たら戸惑いを感じますよね。
気になる男性からの連絡であれば、尚のこと気になるという人も多いのではないでしょうか。

一体、どのような目的でLINEをしてくるのか…。
今回は酔っ払いLINEの心理を紐解いていきます。

(1)女性と話したい

『話し相手になってほしいだけ』(28歳/金融)

なかには、女性と話したいという理由だけでLINEをしてくる男性もいます。
特に男性だけの飲み会だった場合は、女性が恋しくなってしまうものなのです。

この場合、男性側からすると「ただ女性と話したい」という理由だけなので、親身になって話を聞く必要はありません。
話の内容や相手の反応を見て、適当なところで会話を終わらせましょう。

(2)構ってもらいたい

『誰でもいいんだよな』(27歳/企画)

お酒が入ると、無性に誰かに構ってもらいたくなる人もいます。
これは通称かまってちゃんとも言われており、私生活で感情をコントロールすることが苦手な人に表れやすいタイプです。

しかし、ここで構うと面倒くさい思いをするのはあなた自身です。
真剣に話を聞いていたのに翌日になったら「覚えてない」の一言で済まされたら、誰だって嫌ですよね。
「連絡が入る時はいつもお酒を飲んでいる」という時は特に注意して、酔っ払いとの距離を上手に図りましょう

(3)気があるから

『好きな人に連絡しちゃうまず』(26歳/IT)

アルコールの力というのは非常に不思議なものです。
楽しい気持ちになったり悲しい気持ちになったり……時に人を大胆な行動へと走らせることもあります。

実はそんなアルコールの力を借りて、気になる女性にLINEを送るという男性は意外にも多いのです。
そしてLINEだけに留まらず、何とかデートに持ち込もうと必死になります。
もちろん、あなたがもし彼に気があるようであれば、快く引き受けても良いでしょう。

ただし、「今から会おう」などという急な誘い文句は都合の良い女性になってしまうケースもあるので、お断りするのが無難です。

(4)お酒の力で気が大きくなっているから

『豪快で豪快!なんちって!』(自称30歳/芸人)

酔うとやたら饒舌になる人っていますよね。
特に引っ込み思案な人や自分に自信が無い人は、お酒が入ると必要以上に気が大きくなる傾向にあります。
そのため、普段緊張して上手に話すことができない異性にも簡単にLINEを送れてしまうのです。

こういったタイプは女性にLINEを送ったという事実だけで満足するケースが多いので、深く話を聞く必要はありません。
あちらからLINEがきたにも関わらず会話を深めてこない場合は、早々に見切りをつけましょう。


酔っぱらいながらもLINEをしてくる理由は様々ですが、シラフではない相手との会話を続けるのは意外に労力を使うものです。
「深く介入して後悔した」というケースも決して珍しくありません。

無駄な労力を使ってしまったということがないよう、なぜ自分に連絡を入れてきたのかをしっかり見極めて状況を分析してみましょう。

(文/恋愛jp編集部)