セックスの最中にハメ撮りを楽しむカップルも沢山いらっしゃるかと思います。
ハメ撮りは撮られていることに興奮したり、後で見返して楽しむという良さもありますが、カメラが気になって行為に集中できなかったり、フラッシュをたいたり、部屋を明るくしないと綺麗に撮影できないというデメリットも。

また、セックス動画はリベンジポルノとしてネットに流出する可能性もあります。
なので、個人的にはそういったリスクを抱えたハメ撮りよりも「セックス録音」をおすすめします。

スマホのボイスメモやICレコーダーを使って簡単にできるセックス録音ですが、実はハメ撮りよりもエロいと感じる要素がてんこもりなのです。
今回はセックス録音を楽しむ女子たちに、音声の良さについて伺ってきました。

(1)「録音されている」というシチュエーションだけで興奮する

『録音機材のスイッチを入れると、『ああ、私の声、全部入っちゃうんだ……』と思えて、なんだか興奮していつもより濡れます』(19歳/裏垢女子)

自分や相手の喘ぎ声が全部録音されてしまうってかなりエロいですよね?
いつもより大胆に声を出してみたり、淫乱度が加速しそうです。

(2)何気ない会話も、後で聴くとエロく感じる

『セックスがはじまる前、パートナーとちょっとした会話をすることがあると思います。
後からその音声を聴き返してみると、最初は普通に雑談しているだけなのに、だんだんお互いの声が甘くなって距離が近づいていくのがわかりました。
セックス前の会話ってこんなにエロかったんだと気付くきっかけになりました』(不動産業界/30歳)

セックス前の会話って、照れくささもあってか、最初は普通に話そうとするんですよね。
でも、次第にお触りがはじまって、キスがはじまって、だんだん甘いムードに……
そんな、日常からエロに切り替わる瞬間ってたまらなくエロいと思うのです。

(3)くちゅくちゅ音、パンパン音がエロすぎる

『セックス中の音声を後で聞き返したら、手マンされているときのくちゅくちゅした音や、挿入しているときに聞こえるパンパンした音まで鮮明に録音されていました。音声を聴いているだけで、最中の記憶がよみがえり、気づいたらひとりでしちゃってました』(看護師/25歳)

ハメ撮りのような動画や画像がなくても、音声だけで想像力が掻き立てられるようです。
『あのとき気持ちよかったなぁ……』なんてことを思い出しながら聴くとかなり興奮しそうですね。

(4)セックス中のお互いの発言がシコい

『セックスの最中は没頭していて、お互いどんなことを話していたのかあまり覚えてないのですが、あとで音声を聴いてみると、自分が『もうだめ!気持ちよすぎる!』と叫んでいたり、彼が『○○ちゃん、すごくかわいいよ。すごくエッチだよ』と囁いていたり、お互いにエロい言葉をかけあっていたことに気付きました』(アパレル/27歳)

セックスの最中に交わされる言葉ってあまり覚えてないですよね。
でも録音ならばっちり音声に残ります。
とくに、相手が自分にかけてくれたエロい言葉を改めて聞き返せるってかなりシコいです。

(5)1回戦の後に2人で音声を聴いていたらそのまま2回戦へ……

『セックスが終わってから、録音した音声を彼と2人で聴いていたんです。
最初は私も『やだー!』って言いながら笑っていたんですが、自分たちの喘ぎ声を聴いていたら、だんだん興奮してきて……
そのまま2回戦に突入しました』(大学生/21歳)

音声をパートナーと一緒に聴いて行為を振り返る人もいるようです。
1人でも2人でも楽しめるので一石二鳥ですね。


このように、セックス音声は、画像や動画がないからこそ、想像力が掻き立てられますし、セックス中のことも鮮明に思い出せるので、思い出しオナニーのおかずとしても優秀です。

ハメ撮りのように、流出リスクも少ないので気軽に試しやすいところも良いですね。
2人で聴くのもまた刺激的。

セックス中の録音、ぜひ試してみてくださいね。

●ライター/凜乃子(女子ライター)