女性なら、セックス中に演技したこと、1度くらいはあると思います。
それは、彼を喜ばせたい時や、お互いがもっと気持ち良くなるためなど、気遣いのことがほとんどですよね。
では、男性はどのような時に、演技するのでしょうか?

そこで今回は、男がセックス中に演技をする瞬間を、紹介していきます。

(1)体位を変えたい時

『気持ちよくないときは変えたい』(31歳/医者)

その体位が気持ち良くない時は、演技をして体位を変えるようにします。
気持ち良くなくても、すぐに体位を変えるのは不自然ですよね。
しかし、このままでは萎えてしまうような時は、「コレ気持ち良すぎるから、すぐイっちゃいそう」などと演技し体位を変えます。

他にも、騎乗位で女性があまり上手ではない時も同じ。
彼女を傷つけないように、感じているフリをしながら、良い体位へと変更します。

これは、彼女が好きだから傷つけないためなので、愛されているポイントです。

(2)盛り上げたい時

『彼女がそれで気持ちがってくれれば』(32歳/アパレル)

セックスを盛り上げたい時や、彼女のテンションを盛り上げたい時に演技します。
女性も、彼に喜んで欲しい時や、彼の興奮を上げたい時に、少しオーバーなリアクションを取る時ありますよね。
喘ぎ声を大きくするなど……。

男性も、同じ理由で演技することがあるよう。
リップサービスや、とても感じている演技で、彼女をもっと興奮させ、セックスを盛り上げたいから。

悪意があるのではなく、相手を喜ばせたいという時に、演技します。

(3)気が乗らない時

『仕方ないよなあ、いつでもしたいわけじゃないし』(29歳/商社)

「今日は疲れているし、正直セックスしたくない……」という日が男性にもあります。
しかし、大好きな彼女から求められたら、断りきれないもの。
そんな時は、自分のテンションを上げるために、演技しているよう。

女性でも、自分の喘ぎ声で興奮していくことありますよね。
それが演技であっても、徐々に本当の興奮へと繋がっていく感じ。

男性もそれと同じで、感じているような演技をすることで、自らのテンションを上げることが目的。
相手を傷つけたくないという、深い愛情が感じられますよね。

(4)イケそうにない時

『いけない。なら仕方ない』(33歳/美容師)

疲れている時や、お酒を飲んでいる時は、セックスしていて「今日はイケないかも」という瞬間があります。
しかし、彼女に「イケない」ことは伝えにくいもの。
そんな時は、演技で彼女に気づかれないようにします。

「今日イケそうにない」と言われながらセックスするのは嫌ですよね。
それよりも、「すぐイキそうかも」と言われながらのほうが、女性としては興奮するもの。
もちろん、自分を奮い立たせるためにも演技は必要。


男性がセックス中に演技をする時は、相手を思いやっての行動から。
女性が演技する時もそうですよね。
演技に気付いても悲しくなるのではなく、思いやりからだと気付くことが大切です。

(文/恋愛jp編集部)