彼へLINEでアプローチをする際、皆さんはどんなことに気をつけてメッセージを送っていますか?
LINEは会話の様にやり取りができるだけあって、アプローチの仕方によっては嫌われてしまうこともしばしば。
その逆で彼との距離をグッと縮められるかもしれません。

今回はその後者でもある彼との距離をグッと縮めるLINEでのアプローチ法を見ていきましょう。

(1)素直に好きであることを伝える

『シンプルに嬉しい』(28歳/金融)

遠まわしで、想いを表現したりするのは、LINEではちょっぴり難しい事。
いっそのこと思い切って相手に告白してみるのも一つの手段です。
あなたが彼になってくれたらきっと幸せなのに。

など、自分にとって必要な存在であることをきちんと伝えてあげると、彼も必要とされていることに喜びを感じます。
素直に思いを伝えること自体、決して恥ずかしい事ではないですよ。

(2)恋愛に関する話をしてみる

『俺のこと気になっているのかな?なんて思う』(30歳/コンサル)

好きな人が出来ると気になるのがその人の恋愛観について。
もし自分と付き合うことになった場合、はたして良い関係を作ることができるのか気になってしまいますよね。
とは言え元カノの事を聞くのは少しデリカシーない人だと捉えられてしまう可能性もあるため、あくまでどんな女性がタイプなのか?という程度にしておきましょう。

(3)あえて既読にしない

『既読つかないときになる』(29歳/公務員)

すきな人とLINEでやりとりできることは本当に幸せな時間。
なるべく、会話が続けられるよう、早く返すことをこころがけている女性もいることでしょう。

しかし、あまりにも既読するタイミングが早いと待ち構えてみえるのでガツガツ感が出てしまうのが難点。
彼の返信を早く読みたくてわくわくしてしまう気持ちを抑えて、時にはあえて既読しないようにしてみると、彼もじらされている感じがしてますますあなたのことを好きになるはずです。

(4)甘えてみる

『か、可愛い』(29歳/アパレル)

女性だって本当に好きな男性の前でしか、心を開けなかったり全力で甘えるには抵抗を感じることがあります。
しかし、甘えてこられて嫌な気持ちになる男性は意外と少ないもの。

それに心から許せる相手でないと女性だって気軽に甘えるには抵抗を感じるものなのです。
彼の事を気にかけているなら、まずは甘えLINEを送ってみてあなたにだから甘えるのだという特別感を見せることも大切ですよ。


意外にもチャレンジしたことが無かったアプローチ方法が盛りだくさん。
この機会にぜひLINEやり取りでとりいれて、相手の気持ちを確認してみてはいかがでしょうか?
彼ももしかしたら、あなたの事がずっと気になっていたかもしれませんよ。

(文/恋愛jp編集部)