付き合って、長い時間をともにしているとどうしても相手への不満は出てきてしまいます。
しかし、その不満を我慢し続けて一緒に居るのも時にはつらいと感じてしまうこともあるでしょう。

だからと言って、ストレートにそれを伝えると喧嘩になってしまうこともあるので非常に難しい問題です。
そこで、喧嘩になることなく相手への不満を伝えることができる方法をご紹介します。

(1)冷静に伝える

『ヒステリックは嫌われますからね』(29歳/公務員)

女性というのは、どうしても感情的になってしまいやすい傾向にありますよね。
そのため、伝えている途中でヒートアップして怒ってしまったり泣いてしまったりしてしまいがち!

しかし、男性というのは女性が感情的になってしまえばしまうほど向き合う気持ちを無くしてしまいます。
だからこそ、男性に不満を伝える時には冷静に感情的にならないよう、意識しなければなりませんよ。

(2)批判をしない

『否定されると俺もつらいんだということを知ってほしい』(27歳/交通)

批判と不満は似ているようで違います。
ですが、不満を伝えようとしていても途中で相手を批判してしまうような言葉を言ってしまいがち!

そうではなく、相手を否定せずに相手の不満に思っている点を明確に伝えることが大切です。
また、その不満に思っている点によって自分がどんな気持ちになっているかも伝えてみましょうね。

(3)先に褒める

『気持ちよくさせてから文句言うって怖いけど使えるね』(28歳/金融)

相手も、いきなり不満を言われたらあまりいい気はしないものです。
なので、まずは褒めて相手の気持ちを上げてみてください。

不満を伝えるのは、相手が気分を良くした後で!
相手が気分を良くした流れに乗っかって、改まったように伝えるのではなく自然な流れで伝えてみると穏便にすむかも?

(4)柔らかい口調

『ふわっと包み込んで欲しい』(26歳/不動産)

不満を相手に伝えるにしても、伝え方には気を付けなければいけません。
命令口調だったり、語尾を強めるような口調で伝えてしまうと相手も気分を悪くしてしまい逆効果

なので伝えるときは「~しないで」というような強い言い方よりも「~してくれると嬉しいな」というように言い方を工夫してください。
同じ内容を伝えるにしても、言い方を変えるだけで相手への伝わり方というのも変化するのでしっかり考えましょうね?


長い時間を好きな人と一緒に過ごすには、時には不満を伝えることも大切です。
しかし、伝え方や口調を間違えてしまうとあまり良い結果を出しません。

せっかく相手との関係を良いものにしようとしても逆効果になってしまうのです。
なので、喧嘩にならないような伝え方を考えていきましょう。

(文/恋愛jp編集部)