デートの約束をしていても、時には遅刻をしてしまうこともあるでしょう。
ですが、遅刻されてしまうと相手もあまり良い思いをしません。
なので、そんな時は男性をときめかせる可愛い言い訳を活用してみましょう。

(1)「一緒に行きたい店を見つけたの♡」

『こんな僕の為に……暑い中お店を見つけてくれたなんて……涙が止まらないよぉぉぉ』(30歳/メディア)

遅刻のいい訳の理由をなかなか思いつかない時には、これからご紹介する理由を活用しましょう。
「あなたと一緒に行きたいお店を見つけたの」。
この理由なら、相手のことを考えていたとも受け取ってもらえはず!

さらに、次回のデートの約束も取り付けることができるかもしれません。
実際に言い訳に使用した際にも、そのあとでこっそり素敵なお店を探しておけば見破られることもありません

(2)「洋服に迷ったの♡」

『あぁ~可愛いよ。こんな洋服なんてドキドキしすぎて隣を歩けないよ♡』(27歳/経理)

女性であれば、デートが楽しみで洋服に悩んでしまうということもありますよね。
女性がおしゃれに時間がかかってしまうというのは、理解している男性も多いでしょう。

なので、デートに遅刻してしまった時には「デートが楽しみで洋服に迷った」という言い訳がオススメ!
デートを楽しみにしていたという気持ちも相手に伝えることができます。
相手の気分を悪くさせない言い訳としてこの言い訳はベスト。

(3)「電車が遅れたの♡」

『鉄道会社マジで許さん』(25歳/車掌)

相手も納得させる言い訳として挙がるのが「電車が遅れた」という理由です。
待ち合わせの場所まで、電車で行くという場合はこの理由が使えます。

しかし、この理由を使ってそれが嘘だった場合は注意が必要
嘘がバレてしまうと、相手がより嫌な思いをしてしまいます。
本当に電車が遅れた場合であれば、相手も快く許してくれるはず!

(4)「足が遅くって♡」

『50m走1分かかっちゃうならしょうがない♡』(28歳/芸術家)

遅刻してきているにも関わらず、ゆっくり待ち合わせ場所にきたらさすがに相手も腹が立ちますよね?
なので、そんな時は相手に急いできたことを伝えるためにも「走ってきた」という言い訳を使ってみて!

また、その時には走ってきたけど「自分の足が遅かった」という自虐アピールもしてみると良いでしょう。
遅刻したけど、自分のために急いできてくれたと思えば相手も悪い気はしないはず


基本的には、遅刻をするの自体が相手に不快感を与えるいけないことではあります。
ですが、時にはうっかり遅刻をしてしまうこともあるでしょう。
そんな時は、相手により悪い印象を与えないためにも相手の気分を悪くさせない言い訳を使いましょう。

(文/恋愛jp編集部)