女性なら、やっぱり恋愛するうえで少しは好きな人と駆け引きしたいですよね。
脈ありかもしれない男性をとまどわせて、もっと自分のことを気になってもらえたら理想的なものです。

今回は、好きな彼が夢中になってしまう「思わせぶり女子」の特徴についてご紹介します。
以下のポイントを押さえれば、彼もあなたの思わせぶり行動にメロメロになること間違いナシ!

(1)物理的な距離が近い

『居酒屋とかで妙にくっついてくるなぁと思う瞬間ですかね。ある女性の左隣に座った時に、自分の右半身が熱くなってきちゃいましたよ』(32歳/教員)

思わせぶり女子は、一緒にいるときの距離の取り方からまず「思わせぶり」。
普通の友達にしては物理的な距離が近く、相手の男性をとにかく意識させまくりです。
場合によってはやりすぎない程度に、ボディタッチだってしてしまいます。

やっぱり女性から近くに寄られて意識しない男性はいません。
いつもよりパーソナルスペースが狭いと、「これは好かれてるってこと?」と男性は考えて止まらなくなります。

(2)恋人になった前提で話をする

『妄想のビッグバンじゃあ』(24歳/科学者)

思わせぶり女子は、恋人になった前提で話をするようなところがあります。
「もし私が彼女だったら……」という具合に、もしもの話で相手をドキドキさせるのです。

実際、恋人になった前提の話をされて何も感じない男性はなかなかいないですよね。
嫌でもあれこれ妄想してしまうのが普通でしょう。
気になる男性がいるなら、恋人になった時の話題をふっかけて一度相手を翻弄してみて。

(3)特別な人アピールをする

『え、俺だけ……君にとって俺は……?まさかキタコレ?』(28歳/IT)

特別な人アピールをされたときも、男性が相手の女性を意識してしまう瞬間の一つ。
「君だから言ったんだよ?」などと口にされたら、その先を誰だって深読みするものです。
好意を持たれていることに、多くの男性が期待しちゃいます。

特別な人アピールは、思わせぶりな行動として効果が高いです。
鈍感な彼を振り向かせたいなら、これくらい大胆な特別アピールをして、好意に気づいてもらいましょう。

(4)デートを提案する

『行く行く~どこ行く?どこ行く?めっちゃ楽しみぃ~』(20歳/大学生)

思わせぶり女子は、相手の男性とやたらと二人で出かけることを提案したがります
好きと言う行為は伝えずに、デートに行こうという思わせぶりな行動を取るのが特徴的。

女性と二人きりのデートに誘われたら、男性は誰だってドキドキしちゃうもの。
もしくは「〇〇に連れてって」とおねだりするような女性も多いです。
思わせぶりで戸惑わされていたとしても、男性ならついOKしてしまうものです。


女性は思わせぶりで相手を翻弄する駆け引きのスキルを持っていると最高。
少しくらい本心が分からない方が、女性は魅力的だからでしょう。
ぜひ思わせぶり女子を目指して、彼を夢中にさせてみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)