デートはやっぱり、お互いにとって印象に残るものが良いですよね。
ただ買い物や食事に行ってきたというだけでは、意外と思い出には残りづらいものです。
デートの余韻に浸れる瞬間というものは、どんな時なのでしょうか?

思い出に残る素敵なデートの仕方に悩んでいる人は、以下のポイントを大事にしてみてください。

(1)絶景スポットを訪れる

『うん、普通にふと思い出しちゃうし余韻すごいよね』(29歳/商社)

目に見えて分かりやすく綺麗な場所は、人にとってやはり印象には残りやすいものです。
夜景や海など、絶景スポットを訪れたデートは、思い出として強く残ります。

特に綺麗な夜景は、恋人同士のロマンチックな時間を演出してくれるでしょう。
そんなロマンチックな雰囲気を感じられる場所に二人きりでいたなんて素敵ですよね。
余韻に浸れるようなデートがしたいなら、絶景スポットをぜひ訪れてみましょう。

(2)共同で何かをする

『ホームパーティしたいなあ余韻に残るような』(30歳/コンサル)

普通のデートは、ご飯を食べたり、買い物をしたりですぐに終わってしまいます
まるで「こなす」ようなデートで、余韻に浸れるような瞬間はなかなかありません。

それなら、二人で何か共同作業的なことをする時間を入れてみるのも面白いでしょう。
一緒に料理を作ってホームパーティーをするなども楽しいですよね。
もしくは、登山デートなどに出かけて一緒に山登りを乗り越えるというのも素敵です。

何か一つのことを共有することは、思い出に残りやすい瞬間の一つになります。

(3)サプライズをする

『嬉しすぎてめちゃめちゃ思い出します』(32歳/アパレル)

思い出や印象に残りやすいものといえば、やはりサプライズは外せませんよね。
彼にとって余韻に浸れるような楽しいデートになってほしい時は、サプライズを企画するのも一つの手です。

誕生日や記念日などの大事な日でなくても、ちょっとしたサプライズをするのも良いものですよ。
いつも一緒にいてくれる感謝を込めてのお礼のサプライズです。

軽く何かをプレゼントすれば、彼は喜んでくれること間違いなしでしょう。
そしてきっとその日のデートは忘れられない思い出になるはずです。

(4)思い出の場所を訪れる

『毎回、思い出の地に行くとその日の夜は夢で彼女を見ますよ。それくらい夢に出るくらいスゴイ』(24歳/学生)

二人にとって思い出の場所を訪れることも、実は結構思い出には残りやすいものですよ。
出会った場所などは懐かし気持ちにさせてくれるので、折に触れて訪れておきたいもの。

そんな思い出の場所で改めて「好き」と愛を囁きあえたら、素敵なデートになることは間違いなし。
ぜひ余韻に浸れるデートとして、思い出の場所を活用してみてください。


デートの余韻に浸る瞬間は、やはり印象的なデートをした時ですよね。
彼や自分にとって良い思い出になるようなデートとは何だろう…とぜひ考えてみてください。
印象深い時間を二人で過ごせれば、きっと余韻にも浸れるはずですよ。

(文/恋愛jp編集部)