今回は男性が女友達をやりたいと感じてしまう瞬間にスポットを当ててみました。
男性は一体どういったことがきっかけで女友達に性的な魅力を感じてしまうのでしょうか。
知られざる男の本音を覗いていきましょう!

(1)ギャップを感じたとき

『男友達みたいな関係だったはずの女性が可愛いワンピースとか着こなしてるのを見るとドキドキしてしまいますね』(32歳/公務員)

女友達がふとした瞬間に女性らしい一面を見せたとき、男性は思わずドキドキしてしまうもの。
「パンツが多い女友達がスカートを履いた」「いつも髪をおろしている女友達がアップにした」なんて些細なことでも、そのきっかけとなり得ます。
普段とのギャップが大きければ大きいほど、あなたの魅力は彼へ伝わりやすくなってしまうので注意しましょう。

(2)酔っているとき

『お酒が回ると、不思議なことに、目の前にいる女性が色っぽく見えちゃうんですよね』(29歳/アパレル)

お酒を飲むと「理性が保てなくなる」「性的欲求が高まる」という男性は非常に多いです。
そのため、アルコールが入ったことによって女友達と一線を越えてしまったというケースは少なくありません。

もちろんそれがきっかけで交際へと発展することもあるでしょう。
ただし、彼やあなたに付き合う気がなければ、その後気まずい関係になってしまう可能性もあります。
彼との友達関係を大切にしたい場合は万が一のことを考えて、お互いに飲み過ぎないようにするといいかもしれませんね。

(3)それっぽいムードになったとき

『さっきまで普通に喋ってたのに、いきなりムラムラスイッチ入っちゃうことありますよね』(34歳/メーカー)

「下ネタが盛り上がる」または「密着する」などといったきっかけがあると、スイッチが入ってしまう男性も多いです。
そんなことで?と思う人も多いかもしれませんが、男性は意外と単純なのです。

「友達だから大丈夫」なんて油断はせず、ちょっぴりアダルトな雰囲気になったら警戒しましょう。
特に露出が多い服装はそういった雰囲気を後押ししてしまうので、男友達と遊ぶ際は露出を控えめにするといいかもしれませんね。

(4)相手からの好意を感じとったとき

『なんかいける気がしちゃうと、止まらなくなります(笑)』(27歳/IT)

自分のストライクゾーンにいる女性にアプローチをされて嬉しくない男性はまずいません。
「顔が可愛い」「スタイルが良い」と思っていた女友達に好意を伝えられたら、自然と感情も高ぶります。
そのため、女友達からのアプローチに流され「あわよくば……」と考える男性は多いのです。


どちらかが異性として意識してしまった場合、友達の関係を続けていくのは難しくなってしまいます。
あなたにその気がないときは早めに釘を刺しておき、そういった意志がない旨をしっかりと伝えておきましょう。

(文/恋愛jp編集部)