恋している多くの女性は、大好きな彼とデートしたい……と願っています。
そして、どうやって彼をデートに誘いだせばいいのか、と作戦を練っていることでしょう。
そんなあなたに、今回は、確実にOKされる!好きな人の「デートの誘いLINE」をご紹介します。

(1)デートの誘いLINEは夜に!

『日中にLINEを送ってこられても、仕事で忙しくて返せないことがほとんど。ちょうど仕事終わった頃がいい』(29歳/広報)

まず、デートの誘いLINEで大事なのがタイミング。
タイミングを間違えると、彼から返信がないこともあります。

おすすめのタイミングは、夜で彼が仕事を終えたころ
仕事もひと段落して、落ち着いているはずなのでLINEが来てもすんなりと返ってきやすい時間帯です。
忙しい彼には特に、家でゆっくりしている時間帯を狙いましょう。

(2)デートの誘いLINEは理由を付け加えて

『単刀直入にデートって言われるより、何か理由がある方がいきやすい』(33歳/不動産)

男性は、理由があると物事に対して行動を起こしやすい傾向があります。
そのため、デートしよ♡と誘うよりも、何か理由をつけるといいでしょう

例えば、「美味しいお店があるから、一緒に行こう♡」「相談にのってほしいから……」という理由がベター。
こんな風にして頼まれると、男性は断れないのです。

(3)デートの誘いLINEは2択で

『ご飯に行こうって言われるとなんか悩んでしまう。選択肢があると、選びやすいし行きやすい』(29歳/営業)

あなたは、デートを誘うときに「ご飯に行かない?」と言っていませんか。
このようなデートの誘い方では、男性は少し困ってしまうもの。
それよりも、少し押しながら2択で迫るのがおすすめです。

例えば、「イタリアンと中華どっちが好き?」「○○と××のどっちでご飯するの?」と聞いてみて。
2択になると、男性は答えやすくなり、返信率もあがります。
そして、そのまま彼の好きな食べ物や場所でデートのお誘いができるのです。

(4)独り言LINEでデートの誘いLINE

『○○行きたいなぁ、とか可愛く言われると、反対に誘いたくなる!』(35歳/コンサル)

デートに直接誘わなくても、反対に彼にデートに誘ってもらう方法もあります。
それが独り言LINE。

方法は、「○○行きたいなぁ」「××食べたいなぁ」という独り言LINEをするだけです。
勘のいい男性なら、「じゃあ、行こうよ!」と言ってくれるはず。
モテ女子が実践しているデートの誘いLINEなので、ぜひ試してみましょう。


いかがでしたか。
大好きな彼をデートに誘うなら、確実にOKが欲しいもの。
そんなときは、タイミングを見極め、選択肢で彼をデートに誘ってみるといいでしょう。

(文/恋愛jp編集部)