突然ですが、男友達が女友達を恋愛対象として意識する瞬間はどんな時訪れるのでしょうか?
なかなか友達同士を長く続けていると、お互いを「好き」になる瞬間は訪れないものですよね。

今回は、男性が女友達を「好き」になる瞬間についてご紹介します。
男友達を好きになって彼を振り向かせたいなら、ぜひ以下のポイントを参考にしてみてください。

(1)いつもと違う服を着ていた時

『ギャップが凄い!』(30歳/コンサル)

いつもと違う服を着ていた時……つまりはギャップを感じた時です。
例えばいつもボーイッシュな服装をしていたのに、急に女の子らしい可愛い服装をしてきたとします。
女性の服について疎い男性でも、それくらいの変化があればさすがに気づくでしょう。

そしていつもとは違う女友達の様子に、魅力を感じる人は多いでしょう。
距離が非常に近い友達だからこそ、たまにはギャップで魅力アピールをしていくことが大事になります。

(2)相談相手になってもらった時

『ありがたかった。やさしいなって思った瞬間』(33歳/美容師)

友達同士であれば、何かと相談に乗る・乗ってもらうようなことも出てくるでしょう。
相談相手になってもらい話を聞いてもらうと、相手の存在がいつもより有難く感じることってありますよね。
そんな時こそ、かけがえない存在として意識してもらいやすくなります。

かけがえない存在という認識が恋愛感情に変わることも多いです。
好きな男友達が困っている時は、ぜひ積極的に相談相手になっておきたいところですね。

(3)男らしさを褒められた時

『見てくれていたんだなあと嬉しくなる』(30歳/コンサル)

男性にとって、褒められる時はとても嬉しく感じるものです。
男性はプライドが高い人も多いので、褒められ好きが多い傾向があります。

いつも一緒にいる友達とはいえ、改まって「カッコいいね」「男らしいね」と言われたら嬉しいものでしょう。
嬉しさゆえに、相手の女友達を必要以上に意識してドキドキすることも多くなります。

(4)周りが彼女持ちだらけの時

『そういう時は欲しくなりますね』(31歳/美容師)

ちなみに周りの影響から、女友達のことを好きになったり、意識したりすることもあります。
例えば周りの友達が彼女持ちだらけだと、自然と自分も彼女が欲しくなりますよね。
そんな時こそ、周りにいる女友達を恋愛対象として考えやすくなるものです。

「もしこいつと付き合ったらどうなるんだろう……」と無意識のうちに考え始めるでしょう。
それから必要以上に意識するようになり、いつの間にか好きになるというわけです。


女友達と男友達の関係だと、なかなかカップルには発展しづらいと言われるものです。
しかし相手を異性として意識しやすくなる瞬間は、意外にもたくさんあります。
好きな男友達を振り向かせたいときは、ぜひご紹介したポイントに注目してみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)