花火やキャンプなど、夏はイベントも盛りだくさん。
毎週のようにデートを企画しているカップルもたくさんいるのではないでしょうか?
デートで女性が気をつけたいことといえばファッション。

自分は良かれと思っている、そのファッション。
男子をがっかりさせてしまうかもしれませんよ……?

今回は男性がガッカリしてしまう「夏のデートファッション」についてご紹介します!

(1)ダボッとしたメンズ用Tシャツ

『なんか女性らしい服装で来てほしかったなぁ……』(29歳/広告)

着心地もよく、動きやすさを重視するならTシャツがベスト。
メンズライクを取り入れたら更にお洒落だろうと考えているそこのあなた。
確かに男子としては自分の服を彼女が来ている姿にドキッとしてしまうことはあるようですが、自らチョイスして着るのはまた話が違います。

男子によってはメンズライクを好まないタイプもいるため、デートシーンなら、女らしいトップスを選ぶのが無難ですよ。

(2)ワイドパンツ

『下半身デカすぎない……?足太いかと思った』(26歳/人事)

人気のワイドパンツは下半身を主張しすぎないことでスタイル良く着こなせたり、様々なカラーでお洒落さを出すことができるのが嬉しいアイテム。
しかし、実際のところ、男性からの評価はイマイチ。

ダボッとしていて逆にスタイル悪く見えていたり、出来れば生足を見たいのに全力で被われていると色気を全く感じないそうです。

(3)スニーカー

『歩きやすいのは分かるけどさ……(笑)ムードがないよね』(29歳/人事)

日差しを恐れて、足の甲などの日焼け防止するためにスニーカーを選んでいる女性を多く見かけますよね。
しかしながら、夏に出さなきゃいつ足を出すの?というのが男性の本音。

デートでテーマパークや足が疲れやすい場所にいくなら気持ちはわかりますが、それ以外の場面はなるべく足を出すことを心がけましょう。

(4)スポーティなリュックサック

『あ、これから大会ですか……?お疲れ様です!!!』(22歳/学生)

意外ではありますが、小物選びにも注意しておく必要があるのがカバン。
両手が空くし、物もたくさん入ることで人気なスポーツブランドのリュックサック。
今どきコーデで人気アイテムではありますが、デートで背負ってこられると修学旅行か?とがっかりしてしまう男子も。

デートの際はいかに女らしいアイテムを小出ししてくるかが鍵になります。
男子としてはコンパクトなチェーンバッグやショルダーバッグからハンカチや必要なアイテムを渡される方が女性らしくて嬉しくなるようです。


動きやすさを重視した服装は男性からは不人気だということが分かりましたね。
「ピクニックにきたおばさんではない」のだからと恋愛対象から外されてしまうようです。
せっかくのチャンスは逃さないよう、デートの時くらいはちょっぴり女性らしい服装にすることを心がけてみてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)