彼と付き合って1年。
付き合い始めた当初のラブラブ感は落ち着いて、お互いに安定した関係になってきた頃。
実はそんな時が、一番気が緩んで失敗してしまいがちなタイミングです!

長く付き合っていれば、あなたの緊張感も薄れてきます。
その結果、手抜きだと思われるような局面に遭遇することも……!

彼が「手抜きだな」と思う瞬間は、どんな時なのでしょう?

(1)ムダ毛処理が甘いと分かった時

『わき毛とか絶対無理!!!』(32歳/アパレル)

ムダ毛処理、あなたはきちんとできていますか?
脇だけではありません。
眉の間や、指、膝下など、ムダ毛が生える場所は体中にあります。

彼はそういう細かいところにも注目しているものです。
ほんの些細なところでもムダ毛が生えていたら、手抜きだと思われてしまいます。
常に見られていることを意識して、ムダ毛処理はしっかり隅々まで行いましょう。

(2)メイクに時間をかけていないことが分かった時

『ほぼすっぴんやんけ?!』(30歳/コンサル)

メイクには時短テクが多いので、すぐそれに飛びつきがち。
でも、その時短技を彼に自慢するようなことはNGです!

時短技は彼にとっては手抜き技に見えても不思議ではありません。
わざわざ自分がメイクを手抜きしているんだと知らせるのはあまりおススメできません。

もし時短技を自慢したいなら、同性の友人相手にするようにしましょう。

(3)いつも同じような服を着ていると分かった時

『2着しか持ってないの???』(29歳/商社)

デートの時、「あれ、またこの服?」と思われては彼のテンションは下がってしまいます。
確かに服は高価なのでなかなか沢山買うのは難しいですよね。

でも、沢山買えないならその代わりに着回しを工夫してみたり、小物でアクセントをつけたり……!
変えられる部分は積極的に変えていきましょう。
彼にいつでも新鮮な気持ちを持たせるようにしておくのが、いい女のポイントです。

(4)自分のことよりも趣味に没頭していると思った時

『ちゃんと俺に没頭しろよお!!!』(27歳/金融)

趣味に没頭しすぎて彼のことがおろそかになる…
そんな時、彼は「手抜きだなあ」と思うようです。

確かに、他の事につきっきりで自分に振り向いてくれないと寂しいですよね。
他のことには精一杯でも自分に興味を持ってくれないのは手抜き同然

「ちゃんとあなたのことも想っているよ」と常日頃から伝えて彼を安心させるようにしましょう。


男が「手抜きだなあ」と思う瞬間は、彼女が彼氏である自分のためを意識して時間や労力を使わない……その事実に気が付いたときです。
彼と仲良しでいるためには、彼のことを常に意識してください。

彼に見られている、彼がそばにいる、そう意識するだけで、自然と彼に「手抜きだ」と思われることは少なくなりますよ!

(文/恋愛jp編集部)