男性とのセックス中、高い確立でバックスタイルでの体位をこなすと思います。
数あるセックスの中で最も動物的な体位であるバックは、男女共に興奮度を高められる体位です。

しかし、基本的に女性からは男性の表情が見えず、一体何を考えているのか気になっている方もいるでしょう。

ここでは、男が「バック」の時に考えていることについて紹介します。

(1)きれいなラインだな

『造形美!』(28歳/コンサル)

バックの体位の時、シチュエーションにもよりますが、女性は四つん這いのような姿で突かれています。

この場合、男性側から見た女性の姿は後ろ姿となり、体のラインがハッキリと分かります。
男性と違い、女性はウエストとヒップの対比率が大きなため、女性らしいなめらかな姿になるのが特徴です。

それを見ながら、「相変わらずきれいなラインだな」と、多くの男性は思っているのです。
バック好きの男性であれば、なおさらでしょう。

(2)自分でコントロールできる喜びを感じている

『この征服感がたまらないっ』(33歳/人事)

バックの時、女性は男性の動きに合わせるしかありません。
もちろん、男性から「動いて」と言われれば別ですが、基本的には男性のピストンに身を任せるパターンになります。

男性にとってバックは、征服のイメージを持たせます。

そのため、「何とも言えない征服感だ。早く突くか、焦らすか……」といった感じで、自らコントロールできることに喜びを感じているのです。

(3)ヒップの揺れに興奮

『男は揺れ動くものに弱い生き物なんです』(25歳/商社)

バックでの挿入中、男性はさまざまな場所に視線を送りますが、基本ヒップがメインです。
突く度にプルンプルン揺れ動くヒップに、「まじでたまらん」と大興奮しています。

女性のヒップが嫌いな男性は少なく、バック中に「ヒップもいいねえ……」と、少々いやらしいことを考えているはずです。

本能的に女性のヒップに興奮するため、これは仕方が無いことでしょう。

(4)いつフィニッシュすべきか考えている

『どう彼女を喜ばせようか必死に考えてる(笑)』(29歳/営業)

バックで昇天する人もいますが、バックは行為の途中に行われることが多いようです。
そのため、男性はバックで挿入中、気持ちよくなっていたとしても、「いや、正常位で終わらせよう」とか「騎乗位はやっておきたい」など、次の展開を考えます。

バックは、女性の顔が見えないため、男性がある意味冷静になれる貴重な時間です。
男性たちは女性が思っている以上に、いろいろ考えているのです。


ここでは、 男が「バック」の時に考えていることを4つ紹介しました。
男性にとって、動物的なセックススタイルのバックは、大変興奮する体位のひとつです。

悪いことを考えているわけではありませんので、安心して男性に身を委ねましょう。

(文/恋愛jp編集部)