女性は、メイクを季節によって変えたりもします。
春は春らしく華やかに、秋はコックリ秋色に、冬はあたたかみのある色に。

では夏はどうでしょうか?
また、男性がキュンとするようなメイク方法はどういったものがあるのでしょうか?
ここでは「男がキュンとする夏っぽメイク」についてみていきます。

(1)日焼け風メイク

『日焼けしていると、元気な印象でいい!一緒に楽しい夏を過ごせそう』(25歳/美容師)

夏といえばやっぱり日焼け!
ほんのりと赤みのあるほっぺたはかわいいですよね。

そして、それをメイクでつくっちゃいましょう。
方法は簡単、チークを頬と鼻の上に塗ればOK。

鼻には気持ちの分、ポンポンと塗りましょう。
鼻を少し赤くすることが日焼けメイクのポイントなので忘れずに。
また、チークの色はピンクでも良いですが、オレンジ色がより日焼けっぽくなるのでおススメ。

(2)ラメ入りのシャドウ

『ドライブで助手席の彼女とふと目があったとき、いつもよりキラキラした目にドキッとした……』(28歳/金融)

冬はボルドーやブラウンといった落ち着いた色で、マットタイプのシャドウが人気です。
では、夏はどういったシャドウが良いのでしょうか。

おすすめなのが、キラキラと光るラメ入りのシャドウ
このラメ入りシャドウで、目元をキラキラと華やかすれば、眩しい夏のイメージを演出できることでしょう。

ビーチなどの太陽の下でも、日差しによって目元がキラッと綺麗に見えること間違いなし!
ぜひ試してみてください。

(3)ナチュラルメイク

『汗ばんですっぴん感があると、がっつりメイクしているよりセクシー!』(29歳/広告)

夏は汗をかくので、メイクも崩れがち。
ファンデーションを塗ったまま汗をかくと、毛穴も開くし最悪ですよね。

そういったことから避けたいという女性は、ナチュラルメイクをおすすめします。
いわゆる「すっぴん風メイク」です。

ファンデーションが薄塗りだと、メイク崩れも防げますし、夏でも涼しくみせますよね。
また、男性は厚化粧な女性よりもナチュラルな女性を好む傾向があるので、夏にはもってこい。

(4)カラーアイライナー

『イエローとかグリーンでメイクしてる子はおしゃれではつらつな印象がして好き』(31歳/営業)

夏のメイクは色を楽しむことも良いでしょう。
目元に使うアイライナーを、夏っぽいグリーンやブルーできめると印象もグっと変わります。
きっといつもと違う、華やかな目元に男性もドキっとすることでしょう。

しかし、カラーアイライナーなどは、雑誌やネットでメイク方法をしっかりと勉強してから挑戦することをおすすめします。
普段使う機会があまりないメイク道具でもありますし、失敗するとカラーが目立ってしまうからです。


いかがでしたか?
夏はイベントも多く、いろいろとはじけたりしたい季節ですよね。
メイクも少し変えて、いつもと違う自分を楽しんじゃいましょう。

(文/恋愛jp編集部)

ファッション記事をもっと読む