男性は女の子からボディタッチされたら嬉しいもの、そう思い込んではいませんか?
実は、女の子から触られて嬉しい部位もあればそうではない部位もあるんです。
シチュエーションや相手によっても変わってしまう男性の「繊細なボディタッチのNGライン」

いったいどこが境界線なのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

(1)ぷにぷにお腹は触ってほしくない

『ちょっと……!力入れなきゃダメじゃない……!』(29歳/IT)

男性のぷにぷにのお腹は時に愛らしく、ぬいぐるみのようでつい触りたくなってしまいますよね。
でも、それを嫌がっている男性は非常に多いようです。

男性としても「ぽっちゃりしている」ということを気にしている人は多くコンプレックスに感じているようです。
確かに、ダイエット中などに二の腕やお腹を触られたらいやな気持ちになりますよね。
どうやら男性も同じ気持ちなようです。

(2)頭は髪型が崩れるのでNG

『俺のこの完璧な盛り具合をイジらないで欲しいネ☆イジったらマジ怒髪天だわ』(22歳/学生)

合コンや飲み会などの場にはおしゃれをしてきているので髪には触らないで欲しい、という意見もありました。
ワックスで決めた髪型が崩れてしまうので嫌なようです。

また、頭を触られるということ自体が距離が近すぎて嫌、という意見もありました。

(3)直接タッチはやめて欲しい

『ひゃんっ♡やめろ(怒)』(27歳/経理)

半袖の肘から下など、服に覆われていない部位を直接触られることに抵抗がある人も多いようです。

直接皮膚と皮膚が触れ合うことで女の子の手汗が気になってしまう人もいれば、自分自身が汗っかきだから申し訳ないという男性もいました。
また、いきなり直接のボディタッチをされることによって男性は逆に警戒心を抱いてしまうこともあるようです。

(4)下半身はプライベートゾーン

『そこは触れるんじゃねぇ』(28歳/建設)

下半身、特に男性の大事なところには触らないで欲しいという意見が圧倒的でした。
当然プライベートな部位ですし、人前で触るということはないと思いますが間違ってもタッチしてしまわないように注意しましょう。

人によっては「全然OK」や「1対1ならOK」という意見もありましたが、そこにタッチするということは下心があるとか遊んでいるという勘違いをされる原因になってしまいます。
誤解を生まないためにもボディタッチは控えるべき部位です。


お腹やデリケートゾーンなど、触ってほしくない部位は意外と多いことがわかりました。
比べて肩や腕へのボディタッチは嬉しい男性も多かったので、無難なボディタッチポイントは「肩~腕」であるといえるでしょう。

ボディタッチは一歩間違えたらセクハラです。
節度を守ったコミュニケーションを心がけましょう。

(文/恋愛jp編集部)