彼ともっと仲良くなりたいなと思って挑むデート。
二人の親密度ってどんなところで分かるのでしょうか。

今回は、デート中のさりげない行動で分かる「彼との親密度」について解説するので、仲良くなるために各ポイントで積極的に近づいてくださいね。

(1)二人の空気感が近い

『一回目より二回目のデートの方がぐいぐい行けるし、話もスムーズ。その距離感を詰めていくのが楽しい!』(28歳/営業)

ぎこちないデートも初々しくていいものですが、アラサーになると自然にすぐにうちとける大人の余裕が欲しいものです。
もし彼が緊張している様であれば、こちらからぐっと親密にリードしてあげるのもよいでしょう。

空気感が近くなると自然な会話や自然なスキンシップがうまれ、一気に仲良くなれるはず。

(2)視線でわかる

『甘えるような視線が来るとこっちもじいっとみちゃいますね。恋人っぽいなって』(30歳/人事)

あうんの呼吸があるように、付き合いの長い二人は視線だけで次どうするか、どう思っているかなどが丸わかり。
親密になるには視線のかわし方も重要なんです。

言葉で伝えるのがちょっと恥ずかしいことなんかは、目で訴えるのも効果的かも。

(3)ボディタッチ

『ボディタッチが上手い子は手を繋いでいいのかなって感じでこっちも責めやすくなります』(29歳/アパレル)

デートをする時、男は緊張してどう距離を詰めていいか悩んでいます。
さりげないボディタッチができると、お互いの距離が一気に近づきますよね。

やり取りしている間に親密度もぐっと増します。
手を繋いだり、腕を組んだり、自然にできる関係は仲がよさそうに見えますよ。

(4)笑顔が多い

『好きな人とのデートはつい顔が緩んでしまって……。彼女がいっぱい笑ってくれるのも嬉しいですね』(34歳/金融)

お互いが笑顔のカップルってすごく楽しそうで羨ましいですよね。
緊張したり、相手にこうして欲しいと思って不機嫌になったりしてしまうよりも、笑顔で過ごせるデートの方がお互いにとって楽しい思い出として残ります。

笑顔は相手を安心させる効果もあるので、デート中はニコニコ笑顔を心がけましょう。


デートでは緊張していたり、自分が楽しくなったりとつい客観的に見ることを忘れがち。
彼と自分を客観的に見た時にどう見えるかを一度ゆっくり観察してみても楽しいかも。
普段と違った過ごし方ができるかもしれませんよ。

(文/恋愛jp編集部)

◆【毛の処理は脱毛一択!!】業界No.1コスパ&永久通い放題の脱毛サロンって?