「彼は本当に私のことが好きなのかしら?」と不安に思う時ありませんか?
言葉や態度で素直に「好き」と表現してくれない彼なら、不安に感じることがありますよね。
では、彼のどの部分を見れば、「好き」が分かるのでしょうか?

そこで今回は、彼の「あなたにハマり度」をチェックしていきましょう。

(1)あなたの時間を大切にしてくれるか?

『興味ない人に、自分の時間なんか使わないよ』(34歳/公務員)

あなたの時間やあなたと過ごす時間を大切にしてくれていますか?
自分の時間を大切にすることは当たり前ですよね。
しかし、自分の時間よりもあなたの時間を大切にしてくれるなら、愛されている証拠。

約束を平気でドタキャンする、自分のためにばかりあなたを動かし、あなたのためには動いてくれないのならば、彼はあなたの時間を大切にしていません。
自分の時間をあなたの為に使えることが、判断のポイント!

彼と一緒にいる時間が幸せで、彼が自分のために時間を割いてくれることが多いなら、ハマり度は高いです。

(2)折れてくれるか?

『ちょっとずつ譲り合うことが、長続きの秘訣じゃない』(30歳/コンサル)

お付き合いしているからといって、価値観が全く同じではありませんよね。
一緒にいれば、意見が食い違うこともあります。
そんな時に、彼が折れてくれることがありますか?

もちろん譲れないこともあるので毎回ではありませんが、彼があなたの意見を尊重して、折れてくれることがあれば愛されている証拠。
逆に、いつもあなたが折れている、彼の意見しか通らない場合は要注意。

お付き合いしていく上で、相手を尊重して譲り合うことがとても大事。
大切に思っている人ならば譲れるので、ハマり度は高いといえます。

(3)趣味を理解してくれるか?

『もっと知りたいし、色々なことを共有したいから、趣味は尊重できるよ』(33歳/企画)

好きならば、相手が関心を持っていることに対して興味が出てくるもの。
それは、もっと彼女のことを知りたいと思うから。
あなたの趣味を理解してくれ、興味を持ってくれていますか?

同じ趣味を楽しむことではなく、あなたが今何に興味を持っているかを知りたいのであれば、愛されている証拠。
それはあなたに関心があり、もっと知りたいと思っているから。

だからといって、あなたの趣味を一緒にすることを強要することはNGですよ。
理解してくれることが、ハマっている証拠なので、それ以上は求めないようにしましょう。

(4)些細な出来事を覚えているか?

『思い出は全部覚えていたい!』(27歳/アパレル)

男性は、女性に比べて、些細なことを覚えていませんよね。
記念日なども忘れることが多く、「どうして忘れるの?」とケンカになったカップルも多いのではないでしょうか?

そんな細かいことを覚えることが苦手な彼が、あなたとの些細な出来事を覚えているのであれば、愛されている証拠。
それだけ、あなたとの時間や思い出を大切にしているということ。

記念日を忘れているからといって、愛されていないわけではありません。
あなたが忘れているような出来事を彼が覚えているなら、ハマり度は高いですよ。


彼が「好き」と言ってくれないからと、気持ちが中途半端なわけではありません。
ちょっとした言動から、ハマり度は確認できます。
彼の言動からハマり度を確認して、愛されている実感を得て下さいね。