簡単なキスはもはや挨拶にしか過ぎない。
今彼とラブラブだというカップルはさらにもっと燃え上がりたくなっていることでしょう。
キスでもいつものキスじゃ物足りないと感じてはいませんか?

そんなカップルのため、彼を今よりももっと夢中にさせる特濃キスの方法を解説していきたいと思います。

(1)まずはキス前のコミュニケーションを楽しむ

『最初の頃を思い出して、ドキドキが増す!』(27歳/飲食)

特濃なキスをより一層楽しむためにはキスをする前にしっかり空気づくりをすることも重要。
じっと見つめ合う時間を長くして、ボディタッチやハグなどをじんわりしてみましょう。
彼にギュッとされると必然とキュンとドキドキ感もアップするもの。

ボディタッチも髪を撫でたり、顔や唇を触ってみたり。
手を握ることから始めて遊びから少しずつ大人モードに切り替えていくとスイッチが入りやすくなりますよ

(2)唇に触れる前のちょっとしたテク

『なんだよもー我慢できないよ!』(25歳/不動産)

しっかりコミュニケーションをとったし、もうキスに移行しても良いと考えたそこのあなた。
そんな発想じゃまだまだお子様!特濃キスに繋げるには到底甘い下準備ですよ。

特濃キスができる女性はここで、もう一つ工夫しているんです。
それは唇の手前で唇には触れずに寸止めアクション

顔が近ければ近くなるほど興奮度もあがってきます。
この行動をとりいれることで彼の方が我慢できなくなるという主導権を握ってみるのも悪くないですよ。

(3)ゆっくりタッチング

『唇だけなのに、全身を愛でられてるような気持ち良さ……』(29歳/営業)

唇と唇が触れ合ったらここでも焦らし行動をプラス。
上の唇に軽くタッチをしたら下の唇の厚さを確かめる様にタッチ。
そして両唇に触れるなどタッチする場所を変えて彼とのキスをしっかり楽しみましょう。

ギリギリまで舌を入れさせないようしっかりホールディングしておくこともポイント。
更なる彼女の焦らし行為にぐっと燃えるはずです。

(4)舌を入れる

『やっともらえたご褒美にヤル気スイッチオン!!』(30歳/広告)

自分も我慢ができなくなったら舌を受け入れてしまってOK
舌を絡め合わせたり唇を吸ってみたり。
彼の口の隅々まで思いっきり楽しみましょう。

また自分だけでなく彼にも楽しんでもらうことを意識してみて下さい。
時折息を漏らしながらキスをすると良いです。
このままベッドに運んでしまいたくなるはず!


ほかの人にはあまり教えたくない特濃キスマニュアル。
次に彼に会った時、早速取り入れてみてはいかがでしょうか?
いつもとは違うあなたのキスのテクニックに彼も思わずびっくりしてしまうはず。

初心者キスはそろそろ卒業してちょっぴり大人なテクニシャンキスをマスターしてみて下さいね。