2人が親密になるのに欠かせないスキンシップであるキス。
どうせなら彼に愛情をしっかりと伝え、お互いに満足感のあるキスをしたいと思いませんか?
今回は男性が「愛されている」と感じるキスを4つご紹介していきます。

(1)ギュッと抱きしめる

『離れたくないくらい俺のことを好きなのか♡って嬉しい』(26歳/営業)

キスの最中や盛り上がった後に「ギュッ」と思い切り抱きしめましょう。
抱きしめるという行為には言葉以上に愛を感じられます。
彼への思いのたけを込めて愛おしそうに抱きしめると、思いが伝わるはず。

抱きしめた後には「好き」などの気持ちを伝えることで、更に効果が増すもの。
行動からも言葉からも彼への愛を伝えれば、彼にはひしひしと伝わりますよ。
ぜひいつものキスにプラスしてみましょう。

(2)日常の中でのキス

『行ってきますってドア開けようとした時に、待って忘れ物!ってキスされた時は愛されてるってすごい感じて、内心ウキウキで出社しました』(30歳/IT)

普段の何気ない日常の中で「チュッ」とキスしてみましょう。
この時、自然な流れでのキスが重要となってきます。
そして、ほんのり笑顔で可愛く振る舞うのもポイントです。

何気ない場面で「キスしたくなる」のは日ごろから愛情があってこその行動。
彼女の深い愛に気づかされる行動なのではないでしょうか。
また、「行ってらっしゃい」「おかえり」「おやすみ」などのキスは愛し合っているからこそできます。

(3)濃厚なキス

『キスって顔の距離も近いし付き合ってても特別な行為だから、それを彼女から積極的にしてくれるって本当に愛してくれてるんだなって感じますね。こっちは嬉しくてキスだけじゃ終われないんだけどね(笑)』(29歳/歯科医)

キスの時は彼にリードを任せているカップルも多いのではないでしょうか?
そんな場合、たまに女性からアツいキスをリードすると、男性は愛を感じるかもしれません

濃厚なキスといってもたくさんの種類が思い浮かびますね。
「長く彼とキスしたい」という気持ちを伝えたいなら、長めのキス。
「愛が止められない」のなら、激しいキスをするといいと思いますよ。

普段は控えめな人ほど頑張ってみたときのギャップが出ます。
大胆な行動は緊張すると思いますが、恥じらいながら挑戦する姿も素敵なはずですよ!

(4)キスが終わってからの一言

『もう一回して?って言われたキスが今でも忘れられない思い出になってる』(31歳/事務)

キスが終わった後、思い切って彼に「すごくよかった」と感想を伝えてみましょう。
キスがどうだったのか聞く機会は、なかなか得られないはず。
彼からしてみたら、すごく愛の実感できる出来事として印象付けられるのではないでしょうか。

また、少しセクシーに伝えるテクニックとして具体的に褒めるのも効果的ですよ。
「ちょっと焦らす感じがドキドキする」「激しい感じが好き」など……。
照れながらもどこが好きなのか伝えることで、より気持ちが伝わるのだと思います。


いかがでしたか?
今回ご紹介した方法を使って、ぜひ彼の印象に残る「愛のこもった」キスをしてみてください。
彼とラブラブになるきっかけになると嬉しいです。