付き合いが長くなってくると、泊まりあうことが当たり前になります。
一体、彼は一緒に眠ることに関してどう思ってるのでしょうか。
今回は、彼がどんな風に感じているのか、彼女と一緒に寝ている時の男性心理をご紹介します。

(1)癒される

『彼女の家に泊まる時の方が一人で寝るより癒される。朝起きて彼女がいるのにもほっとする』(30歳/営業)

多くの男性が彼女と眠ることで癒されるのだそう。
一緒に眠ることで人肌のぬくもりを感じたり、息づかいを感じることが心地よく、癒しになるようです。
一緒に眠るのはエッチが好きなだけでなく、大好きな彼女と一緒に眠るのに癒しがあるからということなんですね。

(2)安心する

『そこにいる、触れることで安心します』(33歳/不動産)

彼氏が彼女に求めるものの一つとして安心感があります。
女性は言葉や態度で安心感を得ることが多いと思いますが、男性は彼女が自分のものである実感や、彼女が自分の腕の中にいる時に安心感を得るようです。
だから彼氏は一緒に眠ることで、安心するもの。

(3)リラックスできる

『今の彼女とは長くいるので、緊張しないのがいいですね。彼女の布団のにおいに包まれるとほっとします』(32歳/コンサル)

仕事でストレスが溜まってくると、いびきや歯ぎしり、眠りが浅いなど、1人で質の良い睡眠をとるのが難しくなってきます。
特に男性の1人暮らしはオンオフの切り替えが難しく、リラックスして眠れないことも。

でも大好きな彼女といると普段よりリラックスしてすうっと眠れる場合があります。
たまに神経質だったり、1人じゃないと眠れない人もいますが、彼氏がゆっくり眠れるようにくつろがせてあげてください。

(4)幸せを感じる

『大好きな彼女と一緒に眠れるのは普通に幸せですね~。早く仕事から帰りたくなる笑』(33歳/IT)

彼女と一緒に眠ることは彼氏にとっても幸せなこと。
夜中にふと起きても、朝起きても彼女がいるのは、カップルにとってこの上ない幸せを感じる瞬間でしょう。
仕事や予定などが多くてなかなか一緒に眠る機会がないかもしれませんが、一緒に眠れる時は朝ゆっくり過ごして幸せな時間を二人で過ごせるようにしてあげてください。


いかがでしたか。
神経質な人や、1人じゃないと眠れない人もいますが、大好きな人と眠ることで安心して癒され、幸せを感じる男性が多いようです。

でも狭いベッドや不潔な寝床だとストレスになりかねません。
くつろぎながら一緒に眠れるように寝具や掃除には気を配っておきましょう。