寂しくて彼氏にかまってほしいと思った時、皆さんはどんな行動を取りますか?
うざがられないか心配で我慢してしまう人も多いのではないでしょうか。
今回はかまってほしいときの、男性からうざがられない「LINE」の方法を4つご紹介します。

(1)返しやすい文面で

『短く、可愛くが一番!』(29歳/医療)

彼が構ってくれない時、彼自身に余裕がないことが多いはず。
それか、そもそも連絡するのが好きじゃないという性格の人もいますね。
いずれにせよ、長文のメッセ―ジを送りつけてしまうのはNGです。

できるだけ短文に、要点をまとめたメッセージを送りましょう。
そうすることで彼も気軽に返信ができるようになります。
また、返信しやすいように語尾を「?」などの疑問形にするのも大切です。

(2)相手を気遣う

『気を遣ってくれてるLINEは、彼女のすごく優しさが伝わってきます』(35歳/研究員)

かまってほしいときに素直に「かまって」とか「寂しい」と伝えてしまうのもNG
寂しくてたまらない気持ちは一旦しまい込みましょう。
そもそも彼は他人に関心が向けられない状況の可能性が高いです。

逆に相手が忙しくしているのなら「元気?」「体調はどう?」などの気遣いをしましょう。
自分のことを気遣ってくれるLINEには返信もしやすいはず。
また、自分の知らないところで相手に心配をしてもらっていたことにも気が付くかもしれません。

(3)「寂しい」よりも「甘えたい」

『「甘えたい」なんて言われたら、ほっとけない!』(26歳/福祉)

「寂しい」という言葉はネガティブな印象を与えてしまいます。
特にLINEは、文字でのやりとりのため、言葉選びで与えるイメージが変わってきますよ。
そのため、あまりストレートに伝えない方がいい言葉といえるのではないでしょうか。

ではどんな言葉が適切なのか?
それは「甘えたい」という魔法の言葉です。
「甘えたい」には可愛らしい要素が含まれており、言われて嫌な気分になる男性も少ないはず。

どうしても「寂しい」という思いが我慢できなくなったら「甘えたい」とLINEを送りましょう。
一緒に可愛いスタンプもつけてしまえばラブラブな気持ちが伝わるはず。

(4)弱音を吐く

『男は頼ってもらいたい生き物!』(30歳/会社員)

何か辛いことがあってへこんだ時「好きな人に癒されたい」と感じたりしませんか?
そんな時は彼に構ってもらうチャンス。
男性の「頼られたい」という心理を刺激してしまいましょう。

伝え方はとても簡単。
「辛いことがあって、○○君の声を聞きたくなっちゃった」とLINEすればいいのです。
ポイントは「彼が心の癒し」になっているという点を伝えるところです。
自分の存在が支えになっていると知ると、嬉しく感じるのではないでしょうか。


男性に素直に「かまって」と伝えるのはやっぱり気が引けるもの。
相手の状況を気遣いながら、今回の様にLINEしてみてはいかがでしょうか?
あなたの想いが、上手に彼に伝わりますように。