彼氏とつまらないことでケンカしてしまって後悔していませんか?
仲直りしたいのに、どう伝えていいかわからない……なんなら向こうが謝ってくるべきじゃないかなんて思ってしまいがちですよね。

コチラからアクションする仲直り方法としては、女子らしく、スキンシップをとりながら謝るのがおすすめ!
というわけで、今回は彼と仲直りする「ハグセリフ」をまとめました。

(1)ごめんなさい

『ちゃんと謝ってくれて、反省してるのがわかったら許すことが多いですね』(28歳/アパレル)

謝る時ってつい言い訳ばかり探してしまいがちですが、一番効果的で一番伝えなければいけないのは「ごめんなさい」の一言です。

ケンカの場合、どちらかが意地になっていることも多いので、きっかっけをつくる意味でもごめんと先に折れてあげるのが大人の対応
素直に謝って、スキンシップをとることで、彼氏の心の壁もゆっくりさがっていくでしょう。

(2)好きだから、〇〇君と別れたくない

『ケンカして別れることも考えたけど、すがるように必死な彼女にほだされました』(32歳/IT)

男がつい許してしまうセリフと言えばコレ。
ごめんなさいと好きを一緒に伝える言葉です。

ハグしながらだと邪険にできないので彼と仲直りできる可能性がぐっと上がります。

(3)こんなところが悪かったよね

『怒られてすねてるだけじゃなく、ちゃんと自分の何が悪いか言ってくるのを聞くと反省してるのかなって思いますね』(32歳/コンサル)

ごめんと言っても、なかなか許してもらえない時は、自分の悪かったところを反省している姿勢を示すのがベター。
抱きつきながら、ダメだった点をわかっていることを伝えましょう。

できれば彼の目を見ながら切実に謝るのが効果的

(4)絶対もうしない

『次はないという意味で、許します』(33歳/金融)

彼が怒っている原因が明確であれば、反省してもうしないと約束するまでをセットにして伝えましょう。
ただ、守れもしない「絶対もうしない」は信用を削るだけなので逆効果!
「絶対」という言葉の重みを感じながら使うようにしてください。


ケンカが長く続くとお互い消耗します。
素直に「ごめんね」と伝え、相手の気づいてほしいところや直して欲しいと思っていることを分かっていることを共有しましょう。
ハグしながらだと、相手との距離も近いし、そのまま仲直りのイチャイチャに持ち込めるのでおすすめですよ♡

(文/恋愛jp編集部)