今回は男性から家に招かれた際に絶対に行ってはいけない女性の行動に密着!
失礼な態度を取らないためにも、特に注意しておきたい4つの項目をしっかりとおさえましょう。

(1)物色しだす

『家に来て、いきなり物色されるのは怖い……』(34歳/教師)

男性の家に招かれた際、絶対に行ってはいけない行為の1つが物色です。
確かに、彼のことをもっとよく知りたいという気持ちは分かります。
彼に好意を寄せているのであれば尚更、好奇心は募るばかりでしょう。

しかし、そこは親しき中にも礼儀あり
いくら家に招かれた間柄だといっても私物に手を付けると、行儀が良くないという印象を与えてしまいます。
家というプライベートな空間だからこそ、見られたくないものや探って欲しくないものの1つや2つ、あって当然なのです。

どうしても気になるものを見つけた場合は「あれ何?」と一言添えて、彼の反応を伺ってみるといいかもしれませんね。

(2)散らかす

『散らかし方や片付け方で、日頃の生活のクセが見える気がする』(30歳/販売)

部屋を汚されたら誰だって嫌な気持ちになりますよね。
その原因が心を許している女性ともあらば、余計に嫌気がさすことでしょう。
万が一あなたが彼に好意を抱いている場合、そんなことをしてしまっては恋愛対象から外れてしまう恐れも……

彼の部屋を散らかさないためにも、出したゴミを持ち帰るようにするだけであなたの印象はグンとよくなります。
さらに汁物や食べこぼしやすい物は避けるようにすると尚Good!
清潔な印象を心がけて「また呼びたい」と思ってもらえるような振る舞いをしましょう。

(3)外着のままベッドに座る

『マナーがない子だなって思ってしまう』(28歳/営業)

「適当に座って」と男性に言われたら、あなたはどこに腰を下ろしますか?
ここで絶対に避けたい場所は、ずばりベッドです。
ベッドに衛生面を求め、「外の汚れや菌を一切持ち込みたくない!」という人は意外と多い傾向にあります。

男性の家にお邪魔するのだから、彼の意向に配慮を行うのは当然。
万が一のケースを考えて、絶対に外着のままベッドに座るのはやめましょう。

(4)まるで自分の家かのように振る舞う

『今すぐ帰ってほしくなります笑』(25歳/会社員)

招いた女性が自分の家でくつろいでくれたら、男性は嬉しいと感じます。
しかし、くつろぎすぎて自分の家にいるかのように振る舞うのはNG。
例えば「冷蔵庫を開ける」「勝手にスマホを充電する」なんていうのはマイナスなイメージを与える代表例です。

何かしたいときは必ず彼の許可を取り、自分勝手な行動は慎みましょう。


男性の家に招かれたら、やっぱりドキドキしますよね。
しかしそんな緊張や照れを誤魔化したいがために、思わぬ行動に走ってしまう女性は意外と多いのです。
家に招かれた時点であなたに心を許し始めているのは明確。

その好意を無下にしないためにも、自分本位な行動は慎んで楽しいひと時を過ごしましょう。