嗅覚は記憶と結びつきやすいため、良い香りのする女性は男性とって印象に残りやすいと言われています。
あなたも香りを上手に使って、気になる彼を夢中にさせてみませんか。

今回は、男性が抱きたくなる女性の香りについてご紹介します。

(1)シャンプー

『香水とかではなく、自然な感じが良い』(26歳/通信)

すれ違った女性から清潔感のあるシャンプーの香りがすると、どんな男性であっても振り返りたくなってしまいます。
シャンプーの香りはわざとらしくないナチュラルさが魅力的であり、飾りすぎない自然体なイメージを与えるのです。

またシャンプーの香りはお風呂を連想させるため、さりげないエロさを感じさせます。
ナチュラルなシャンプーの香りを漂わせれば、男性をメロメロにすることができるでしょう。

(2)柑橘系の爽やかな香り

『すっきり爽やかな香りは、甘すぎず好印象です』(28歳/製造)

強めの甘い香りよりも、爽やかさのある柑橘系の香りを好む男性が多いようです。
あまりにも甘すぎる香りは、逆におばさんくさく見えてしまうことがあります。
セクシーさを強調するよりも、ヘルシーで爽やかな香りの香水をつけるようにしてみましょう。

柑橘系の香りの香水を使ったとしても、つけすぎは禁物です。
強すぎる香水の香りは下品な印象を与えるうえに、「くさい」と思われてしまうこともあります。
香水を使う時は2振り程度を耳の裏につけるのを目安にしましょう。

(3)汗

『女性そのものの香りについキュンとします』(30歳/公務員)

汗の香りは女性の体を男性に強く意識させます。
肌を伝う汗がとてもセクシーで、生々しいエロさを男性は感じるようです。

汗の香りに男性がドキドキすると言っても、きつすぎる汗の臭いは禁物と言えます。
夏場に歩いて少し汗ばんだ瞬間のふわっと香る程度が、男性の興奮を高めるのです。

多少の汗は男性の気持ちを高めますが、汗臭い女性は悪印象になってしまいます。
しっかりと汗ケアをして、常に清潔なイメージを心がけましょう。

(4)何もつけてないふり

『うっすら香るだけだと、これが相手の匂いなんだなと』(25歳/メーカー)

香水やシャンプーの香りを漂わせているにもかかわらず、何もつけてないふりをするのもとても効果的です。
男性は女性特有のいい匂いに弱いため、いい香りが女性そのものの香りだと感じると、メロメロになってしまうでしょう。

何もつけてないふりをする場合は、石鹸などナチュラルな香りのものを選ぶことがポイントです。
甘すぎる香りを選ぶと、わざとらしくなってしまうので注意が必要です。
抱きしめてようやく感じる程度の香りをまとえば、男性はあなたに夢中になってしまうかもしれません。


いかがでしたか。
今回は、男性が抱きたくなる女性の香りについてご紹介しました。
これらの香りをまとって、男性の視線を釘付けにしましょう。