喘ぎ声は、雰囲気を盛り上げるために重要な役割を果たします。
男性が興奮するような喘ぎ声とは、いったいどのようなことを言うのでしょうか。
そして、どのような言葉を発すると喜ばれるのでしょうか。

そこで、男が興奮する「喘ぎ声の出し方」について調べてみました。

(1)吐息を吐くような喘ぎ声

『声を我慢しているような感じが良い』(26歳/営業)

吐息交じりの喘ぎ声は、男性を興奮させることに繋がります。
吐息にエロさを感じて、よりムラムラしてしまう男性が多いようです。
声を押し殺すような吐息の出し方が、よりエロさを引き出す傾向にあります。

そのため、吐息を吐くような喘ぎ声の出し方を知っておくことをおすすめします。
ここぞという時に出せるようにしておきましょう。

(2)ありのままの反応

『感じた通りに反応してくれると余計に興奮します』(28歳/営業)

喘ぎ声は演技掛かっているとわざとらしく聞こえてしまうことがあります。
とはいえ、恥ずかしい気持ちがあるとなかなか素直な声が出せません。
ありのままの反応をするためには、恥じらいを忘れる必要があります。

そのため、喘ぎ声を出す際には真っさらな気持ちになることが大事。
そうすることで、自然な喘ぎ声で相手を興奮させることに繋がります。

(3)耳元で喘ぐ

『声がより近く大きく聞こえるので、さらに興奮してしまう』(23歳/商社)

男性を興奮させるには、耳元で喘ぎ声を出すのがおすすめ。
ポイントとしては、声のボリュームを抑えることです。
その上で高い声で喘ぐと、セクシーな印象に繋がります。

吐息と喘ぎ声を混ぜたような脱力感を意識するとさらに色っぽさを演出することが出来ます。
耳元で息を吹きかけるような喘ぎ声で、彼をムラムラさせちゃいましょう。

(4)興奮する言葉を漏らす

『だめ、なんて言われたらさらに激しくしちゃいそう』(29歳/広告)

喘ぎ声の間に興奮する内容の言葉を挟むと、男性はより気持ちよくなります。
気持ちいい、ダメ、などといった言葉で、男性を興奮させちゃいましょう。
興奮する言葉は、バリエーションが豊富にあります。

毎回同じ言葉では興奮が薄れてしまいます。
そのため、様々なバリエーションを知っておくことで、マンネリを防ぐことにも繋がります。


男が興奮する「喘ぎ声の出し方」には、様々なバリエーションがあります。
それを知ることで、彼を虜にすることにも繋がります。

そのため、男性を興奮させることに繋がる喘ぎ声の出し方を、日頃から意識するよう心がけましょう。