意識しているわけでもないのに、ひょんな発言が男性をムラムラさせた……。
これ、なさそうで、実はよくあることなんです。

男性がムラムラするきっかけは色々なところに転がっています。
彼をその気にさせたい時も、そうでない時も、意識的に彼のムラムラをコントロールするのはあなたです!
そのためにも、彼のスイッチが入るセリフを知っておきましょう!

(1)「暑いから脱ごっと」

『心の中では、もっと脱いでいいんだよ~って思ってる(笑)』(28歳/会社員)

暑いから上着を脱ぐ……そんな時の一言「脱ごっと」というセリフは男性をムラムラさせます。
それは、「脱ぐ」という言葉からあなたの裸を意識することになるからです。

そして服を脱ぐことは、裸でする行為を連想させます。
別に服を全部脱ぐわけではなく上着だけ脱ぐ場合でも、「脱ぐ」という言葉にはそれだけ強い力があるのです。

(2)「帰りたくないな」

『そんなこと言われたらめちゃめちゃテンション上がる!!』(30歳/講師)

誘ってる意味で「帰りたくないな」と言っているわけではなく、単に移動が面倒で帰りたくない、と言っている場合も含みます。
いずれにしても、帰りたくないという言葉は暗に「お持ち帰りされたいな」という意味に聞こえます。

もちろんその意味で使っているなら彼に伝わりやすくてOK。
しかし、移動が面倒だから帰りたくないと思っている場合は、言い方に注意した方がいいでしょう。
帰りたくないという言葉は使わずに、「帰るの面倒だなあ」と言い換えておけば誤解を招きにくくなります。

(3)「気持ちいい」

『気持ちいいと言ってるその顔にも注目してます(笑)』(24歳/IT)

何が気持ちいいのかはその時によりますが、とにかく「気持ちいい」という言葉はそれだけでも性的な意味に聞こえがちです。
マッサージされているときや天気が晴れ晴れとしているときなどに、「気持ちいいね」と言いたくなりますよね。
そんな言葉は、実は彼にはなまめかしく聞こえている場合があるのです。

(4)「えっち」

『言われたらなぜか嬉しい言葉(笑)』(31歳/銀行員)

行為そのものを指すのではなく、人の性格や特徴を言うときに使う言葉であっても、この言葉の持つ力は絶大です。
これを言われて意識しない男はいません!

どんな相手でも意識させることができるので、からかい半分で使うべきではありません。
自分にその気がないといには、意識的に避けるべき言葉と言えます。


男がムラムラしてしまう女子のセリフは、際どいものが多くありますね。
逆に言うと、そこまで言わないとなかなかスイッチが入りにくい、とも言えます。
彼のムラムラ具合をコントロールするには、自分の発言に気をつけながら、意識的に言葉を選んでいきましょう!