あなたは、彼とのセックスにどの程度の時間をかけていますか?
いつも決まったパターンのセックスで、マンネリ化しているという人も多いでしょう。
そんな時は、スローセックスに挑戦することをおすすめします。

今回はスローセックスのやり方についてご紹介します。
ぜひ参考にしてくださいね。

(1)しっかりと時間をかける

『付き合い始めは時間をかけていたけど、いつの間にか手抜きになっていたかも』(29歳/福祉)

スローセックスの基本は、まずはしっかりと時間をかけることです。
愛撫から射精まで、1時間はかけるようにしましょう。
しっかりと時間をかけてセックスすることで、快感を最大限まで高めることができるのです。

また時間を気にして焦ったりするもの禁物。
時間を気にして焦ってしまうと、集中できずスローセックスを楽しむことができません。
お互いだけを見つめる時間を持って、お互いの愛情をしっかりと確認し合うのがスローセックスの醍醐味ですよ。

(2)愛撫がメイン

『どうしても早く挿入したい気持ちが抑えられないときもある』(24歳/飲食)

通常のセックスでは、挿入がメインになることが多いと言えます。
ほとんど愛撫もなく、すぐに挿入してしまうカップルもいるでしょう。
しかし、スローセックスの場合は、愛撫をメインと考えて。

短くても30分以上の時間をかけてゆっくりと愛撫をします。
普段のセックスよりもゆっくりと動き、お互いの肌の温もりをしっかりと実感しながら……。
丁寧に全身を愛撫することで、今までに感じたことのないような強い快感を得ることができるのです。

(3)指先を丁寧に使う

『ただ指先を激しく動かせばいいと思っていた』(25歳/事務)

愛撫にしっかりと時間をかけるため、手の使い方を工夫することがとても大切。
5本の指先で肌を撫でるようなイメージで優しく愛撫します。
秒速3cm程度のゆっくりとしたスピードで丁寧かつ滑らかに手を動しましょう。

感度には個人差があるため、相手が気持ち良いと感じるスピートやポイントをしっかりと見極めながら行うことも重要です。
肌の上でくるくると円を描きながら愛撫し、時間をかけてお互いが気持ちいいと感じる性感帯を見つけるのもスローセックスの楽しみ方の一つ。

(4)挿入してからも30分は楽しむ

『耐えられるかな……(笑)』(30歳/公務員)

しっかりと時間をかけて愛撫したにもかかわらず、挿入で焦って射精してしまっては台無しです。
挿入後はゆっくり動いたり、または動かずお互いに抱きしめ合うなど、一体感をじっくりと楽しみましょう。

体位にこだわらず、お互いが感じることができるポジションで挿入し、
気持ちいいなと感じるポイントがあれば、快感をより強く感じられるように少しずつポジションを変えながら30分程度楽しんだ後、フィニッシュを迎えましょう。


今回は、大人の快感を楽しむスローセックスのやり方についてご紹介しました。
いつものセックスにマンネリを感じているのであれば、ぜひ挑戦してみてくださいね。