みなさん、セックスの途中で演技をしたことがありますか?
雰囲気を盛り上げるためにちょっと大げさに感じてみたりセクシーな動きをしてみたり、彼のために演技をしたことがあるかもしれません。
実はこんな時、女性と同じように男性も演技をするのです

(1)気分を盛り上げたいとき

『相手を盛り上げるためでもある』(30歳/通信)

男性は気分を盛り上げるために、声を出したり感じているフリをします。
セックスは肉体の接触以外にも視覚や聴覚からの刺激で興奮を増すことができるので、自分が感じている姿や声によって、より盛り上がり興奮を高めることができるのです。

「演技されている」と聞くと、気持ちが入らないのかと誤解しがちですが、実は感じているフリをするときは相手の女性を喜ばせるために演技していることがほとんど。
女性としても彼に感じてもらえた方が嬉しいし、興奮しますよね。

(2)イマイチ気持ち良くないとき

『演技もしつつ、さりげなく教えてあげます』(29歳/事務)

女性からフェラチオをされているときや、騎乗位をされているときに演技をする事も。
というのも、実は女性からの奉仕がイマイチ気持ち良くないときがあるのです。
しかし、女性に直接、ましてエッチの真っ最中にそのことを伝えることはできません。

なので、感じているフリをしてみたり、気持ちい場所で大げさに「気持ちいいよ」と伝えてみたり工夫をしているのです。
上手ではなくても自分を気持ちよくしようと頑張ってくれている女性に対して、労う気持ちを込めて演技をしていることもあります。

(3)疲れていてエッチしたくないとき

『騎乗位は疲れてるときの常套手段(笑)』(35歳/会社員)

正直、疲れていてセックスをしたくないときだってあります。
しかし、せっかく女性が勇気を出して誘ってくれたエッチを断るのは失礼だと思い応じることも。

そんな時は、「騎乗位がエロくて好き」という演技をして自分が動かなくてよいようにするのです。
彼に普段求められない騎乗位をリクエストされたら、自分では疲れていて腰も振りたくないくらい元気がないのかもしれません。
たまには思い切りセクシーに接してあげましょう。

(4)次の日エッチをする予定がある

『自分がイク前に相手をイカせて、体力温存するという手もある』(26歳/自営業)

あまり良くない理由ですが、 次の日や近いうちにエッチをする予定がある場合、「イったふり」をすることがあります。
彼が普段からコンドームをきちんとしている人であれば、本当に射精したかどうか確かめる手段はほとんどありません。
女性がわざわざ事後のコンドームをチェックするのも不自然なので、確認をするのは難しいです。


いかがですか?
男性が演技をする理由は様々な物がありました。
自己中心的な理由もありますが、ほとんどは女性のためにしている演技です。

もしも演技に気がついてしまても見て見ぬふりをしてあげましょう。