好きな人とのキスはかけがえのないもの。
いつでもキスがしたいし、キスしている時はとても幸せを感じることでしょう。

しかし、そんなキスもタイミングによっては「したくない時」というものがあります。
ここでは「彼が幻滅するキスのタイミング」についてみていきましょう。

(1)みんなの前で

『見せるもんじゃないし、それを自慢げにされちゃったりするとちょっと引きますね』(26歳/公務員)

男性の中には、みんなの前でのキスを嫌がる人がいます。
みんなの前といっても、シチュエーションは様々。
例えば、友達などたくさんの人がいる前で「ノリでキス」をするとき。
または、外出先での「公衆の場でのキス」など……。

みんなの前でのキスって、周りからはやし立てられて勢いでしちゃうという感じですよね。
そういったノリでするキスに、幻滅する男性もいるということです。
そして公衆の場ではキスは控えたいと思う男性もいるはず。

しっかりと彼の性格を見極めて、素敵なキスをするのが1番ですね。

(2)食事中

『なんかちょっと汚いイメージ』(28歳/販売)

よく映画などで、食事中にキスをするシーンってみたことありますか?
すごくラブラブな感じにみえますよね。

しかし、「実際に食事中にキスをされるのはちょっと無理……」という人が多いことでしょう。
やっぱり食事中というのは、口の中に食べ物が入っている状態であったりするので、キスがしたいという気持ちは薄れるもの。

もし、あなたが「食事中でもキスしたい!」と思う人であれば、相手にちゃんとキスをしていいか確認するほうがいいかもしれないですね。

(3)付き合う前

『複雑な気持ちになるし、軽い子なのかなってちょっとショックかも』(32歳/商社)

付き合う前にキスをしちゃった人はいますか?
きっと好き過ぎて、順番が逆になったという人も多いはず。
しかし、「キスは必ずお付き合いをしてから」と決めている人も中にはいます。

そんな人に先にキスをしてしまうと、「キスを大切にしていない」と思われるかもしれません。
「好きだからもっと相手に近づきたい、もっと相手に触れたい」という気持ちはあって当たり前ですが、そう思われないように気を付けましょう。

(4)タバコのあと

『キスがタバコの臭いって色気がないよなぁ』(30歳/証券会社)

女性の中でもタバコを吸っている人はたくさんいます。
しかし、マナー的にもタバコの後のキスはNG。
たとえ、彼もタバコを吸っている「喫煙者」であっても控えたほうが良いでしょう。

ただし、相手が「それでも良い」という人であれば問題はありません。
2人でルールを決めるのも良いかもしれないですね。


いかがでしたか?
せっかく好きな人とのキスを、相手から嫌がられていては残念ですよね。
どういったタイミングが幻滅されるのか、しっかりと覚えておく必要があるでしょう。