現代では、LINEを使っている人がたくさんいますよね。
きっと気になる彼や、恋人ともLINEを使って連絡をとりあっている人が多いでしょう。
ではそのLINEをつかったデートの誘い方はどういったものがあるのでしょうか。

ここでは「99%OKがもらえるLINEでのデートの誘いテク」についてみていきましょう。

(1)話が盛り上がった時に

『職場が近いから帰りにご飯行くとか、友達でもするなってことのお誘いがさらっと話の流れできたらOKしやすい』(27歳/人事)

LINEは、メール機能とはちがって、チャット感覚で簡単にメッセージが送れますよね。
なので、返信も早いはず。
また、「既読」機能もついているので、テンポよくやり取りができます。

LINEで趣味や、好きなものの話、職場の話などをすると、テンポよく話が盛り上がるはずです。
その盛り上がったときが絶好のチャンス。

「私、あのカフェが好きなの!」
「そうなんだ、僕もああいう感じの雰囲気好きだな」
「じゃあ今度一緒にいかない?」

といった感じ。
今が誘う時だ!というタイミングを見逃さないようにしましょう。

(2)相手の予定を聞く

『仕事柄、急な対応なんかもあるので、ピンポイントで予定を聞いてこられると、正直こたえづらいです……』(27歳/営業)

デートに誘うとき、いきなり「〇月〇日暇?」と聞いても急でわかりません。
こちらから日時を指定したりするのもテクの1つではありますが、慎重にいきたいのであれば、まずは相手の予定を聞きましょう

「今週あいている日ある?」「残業がなさそうな日はいつ?」という感じで聞けば、男性も応えやすいはずです。

「今週あいてる日ある?」
「木曜日以外は仕事が遅くまで入ってる」
「それなら、木曜日ご飯食べに行こう」

と誘えば、自然な会話の流れになりますよね。

(3)メッセージを送る時間

『朝はバタバタしてたり、寝ぼけて既読にしたまま忘れたりすることがある』(31歳/事務)

LINEがいくらチャット感覚でメッセージのやり取りがしやすいといっても、忙しいときなどは返信できないですよね。
なので返信が確実に欲しいメッセージなら、時間帯をちゃんと考えましょう。

朝は出勤前や、仕事がはじまったばかりなのでデートのお誘いはNG。
休日でも朝はゆっくり眠っている可能性があります。
昼も仕事真っただ中なのでNG。

ということは、夜がグッドタイミング。
仕事から帰って、ひと段落ついた頃にスマホをチェックする人も多いはずです。
そのタイミングで、デートのお誘いをしちゃいましょう。

(4)「〇〇だから」

『なんの誘いかもわからないのに「暇?」とか「どっか行こ」ってLINEくると、少しわがままな印象をうけるかな。都合いい男と思われてるのかなって』(25歳/公務員)

急に「デートにしない?」と誘われても、びっくりするだけ。
きちんと「〇〇だから」という文句をつけましょう。

「この映画おもしろいから、一緒にいかない?」
「ここの料理おいしいから、一緒にいかない?」
といった感じ。

そうすれば、相手も興味が湧きますし、デートのお誘い成功率も上がることでしょう。


いかがでしたか?
デートのお誘いって、OKがもらえるかドキドキですが、うまくテクを使えば成功する確率もあがるはず。

なので、慎重にベストなタイミングでお誘いすることをおすすめします。