気になる男性にお持ち帰りされたい女性必見!
今回はそんなあなたの願いを叶えるために、男性を誘惑してお持ち帰りさせるテクニックを大公開していきます。

(1)ボディタッチ

『二次会のカラオケでさりげなく太ももに手が置かれた時はお持ち帰りを意識します』(26歳/証券会社)

お持ち帰りしてもらうためには、「いけそうだ」と男性側に思わせることが大切です。
そのための代表的なアピール方法として絶対に外せないのがボディタッチ。
ただし、会話の流れを意識してあくまでも自然に行いましょう。

ベタベタ触りすぎると「軽い女だな」と思われて終わります。
ボディタッチはさり気なく且つ突然行われるからドキドキするもの。
肩ではなく二の腕、太もも、手といった意外性のある部分に触れて、誘惑しちゃいましょう。

(2)間接キス

『合コンで俺にだけドリンクの味見させてくるんだけど好きじゃなきゃしないよねって事で(笑)』(28歳/販売)

「いけそうだ」と男性側に思わせるアピール方法として間接キスも有効です。
「これ美味しいよ!飲んでみて?」と伝えれば、すんなりと自然な流れになるのもポイント。

間接キスを嫌がらず、積極的に自ら行おうとする女性に男性側は「もしかして……」と淡い期待を抱くのです。

(3)まだ一緒にいたいとアピール

『これ言われたら男なら心の中でいただきますっていうでしょ』(25歳/営業)

帰り際に「まだ一緒にいたい」「帰りたくない」と誘惑するのもおすすめです。
非常に積極的な印象を受けるかもしれませんが、鈍感な男性にはこれくらいしないと気付いてもらえません。

お持ち帰り確定ワードなだけに、男性がその気であれば100%うまくいくでしょう。

(4)露出のある服やタイトな服で誘惑

『脱いだ後のことまで考えちゃうのは僕だけではないはず』(30歳/企画)

露出のある服で男性を誘惑するのはもはやお決まりですよね。
しかし、お決まりだからこそ男性は高確率で食いつくのです。
胸元が強調されるVネックや鎖骨が目立つオフショルダーなんかがおすすめです。

ミニスカートもいいですが、やりすぎは逆に魅力が半減してしまいます。
見えそうで見えない……そんな魅力に男性は弱いのです。
露出のある服装に抵抗がある人は、ピッチリした体のラインが分かるタイトな服がおすすめ。

この後のことを自然と妄想させる魅惑の服装で、彼のハートをガッチリ掴みましょう。


いかがでしたか。
自分からアプローチをするのは抵抗があるという女性も多いかもしれませんね。

しかし、実は男性からすると気になる女性自らアプローチをしてくれるというのは嬉しいものなんです。
2人の関係を発展させるためにも、男性を誘惑して甘いひと時を過ごしてみませんか?