エッチしている時でも、実は彼氏は彼女に小悪魔的にわがままを言ってほしいもの。
されるがままの状態だと、いつかは彼も飽きてしまうかも?
一緒にエッチを楽しむなら、小悪魔わがままで彼をあえて困らせるテクニックも必要なのかもしれませんね。

今回は、彼がイキかけるエッチ中の小悪魔わがままについてご紹介します。

(1)「ここ触って」

『恥ずかしそうに胸が気持ちいいって言われた時は暴走モードに突入』(27歳/デザイン)

されるがままではなく、たまには触ってほしいところを自分から伝えるのもありですよね。
気持ちいいところに彼の手を持って行き、「ここ触って」と恥ずかしそうに伝えるんです。
あなたの恥ずかしそうにおねだりをする姿で、彼は興奮してもう止まらなくなります。

しかも自分から言った場所ですから、彼的にも「ここがいいんだな」と分かるはずです。
それ以降、彼がそこばかりを攻めたくなるイタズラ心に火をつけることにもなるかも。

(2)「まだイかないで」

『イっちゃだめって言われて暴発したことがあります(笑)』(29歳/人事)

男性はやっぱり、女性から「まだイっちゃダメ」と言われたら一番興奮すると言います。
それはまだまだ感じていたい証拠で、エッチを楽しんでいることのアピールにもなるでしょう。

それほどまで気持ちよく思ってくれていることに、彼は嬉しくなること間違いなしです。
イかないでなんて言われたら、興奮してむしろもっとイキそうになるくらいでしょう。

(3)「もっと気持ちよくなりたい」

『それもっとしてほしいって言われた時、そんなに良いのかって嬉しくていつもより激しいエッチになりました』(29歳/営業)

控えめで恥ずかしそうに感じている彼女の姿も可愛いです。
でも時には、情熱的にエッチに夢中になっている彼女の姿も彼は正直見たいもの。
まるで獣のように自分を貪欲に求めてくる彼女の姿は、彼を何よりも興奮させます。

そんな彼女がもっと感じたい、もっと気持ちよくなりたいと積極的に言ってきたら……。
彼はそれだけでイクのを我慢するのが大変なことになっちゃいます。

(4)「今日は〇回ね」

『何回もしてほしいって言われたら腰が砕けるまでがんばります』(24歳/飲食)

いつになく積極的に彼女が、「今日は〇回ね」なんて言ってきたら、彼は興奮するでしょう。
エッチに積極的なだけで嬉しいのに、まさかのハードな要求。
女王さまを満足させるべく、彼もその日はいつになく頑張っちゃうでしょう。

今日はいっぱい気持ちよくなりたいと思った時は、自分から今日は5回なんて小悪魔的に笑いながら言ってみましょう。
どれだけハードでも、彼は喜んで積極的になってくれるはずです。


彼がイキかけるエッチ中の小悪魔わがままについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
エッチ中に彼女が積極的になってくれる姿は、何よりも彼を興奮させます。
いつもよりも情熱的なエッチがしたい時は、ぜひ彼に小悪魔わがままをしてみましょう!