彼と自分との、「好き」の温度差が気になることありませんか?
お付き合いしていると、愛されているって分かっていても、不安になることありますよね。
そんな時は、彼との気持ちが再確認できると安心できるもの。

そこで今回は、彼の気持ちを確かめるキス仕草を紹介していきます。

(1)目を合わせる

『キスする前に見つめ合う時間が好き。気持ちが盛り上がる』(31歳/営業)

キスの前、お互いが目を合わせて見つめ合う仕草は、愛情があるからこその仕草。
何かやましいことがあると相手の目を見られないように、視線で嘘をつくことは難しいもの。
お互いが見つめ合えることは、それだけ相手に対して誠実に接している証拠です。

目を合わせると相手の気持ちが分かったり、感情を伝えたりできますよね。
その時に、愛している、愛されていると実感するもの。

キスの前に、彼の目を見つめて、彼がきちんと目を合わせてくれれば、愛されている証ですよ。

(2)そっと抱きしめる

『好きなら、キスしている時は触れていたい』(29歳/アパレル)

キスする時に、そっとあなたから抱きしめてみましょう。
彼が同じかちょっとだけ強く抱きしめてくれるのならば、愛されている証です。
同じだけの強さで抱きしめてくることは、お互いの愛情バランスが取れています。

キスをする時、相手に触れたいと思うことは、それだけ好きな証拠。
好きな人にもっと触れたい、少しでも近づきたいと思いますよね。
彼がキス中に、髪や顔に触れることも、愛おしい気持ちの表れです。

(3)おかわりキス

『何度キスしても足りない!彼女からおかわりされたらめちゃくちゃ嬉しい!』(26歳/広告)

彼とのキスが終わった後、もっとキスしたい、まだ触れていたいと思うことありますよね。
それは、彼に対する愛おしさが溢れている時ではありませんか?

男性も同じで、愛おしい気持ちでいっぱいになると、何度もキスをしたいと思います
口だけではなく頬や髪など、色々な場所にもキスしたくなるもの。

もう1回キスしたい場合は、素直にその気持ちを彼に伝えてみて。
彼も嬉しく思ってくれますよ。

(4)余韻を楽しむ

『好きじゃないと絶対できない』(30歳/広報)

本当に好き同士ではないと出来ないことが、キスの後に余韻を楽しむという仕草。

例えば、遊びの恋愛ならば、キスの後はエッチに流れるはず。
もちろん、本気同士であってもその流れになることはありますが、単純にキスしたいという時があるもの。

キスした後は、愛おしさが溢れてきますよね。
見つめ合う、抱きしめるなど、2人で余韻を楽しめるのならば、お互いに愛情がある証拠
キスの余韻を楽しめるなんて、素敵な関係ですよね。


キスは、お互いの愛情を確認する大事な行為です。
ただし、あまりキスに意味を持たせて考えると、彼の愛情を見逃してしまうかも。
まずは、彼とのキスを楽しんで、愛情表現してみて下さいね。