みなさん突然ですが、男子との会話の中で相手に会話の進行を丸投げしている瞬間ないですか??
特に女子は、受け身な人が非常に多いので、ただ相手の話を聞くだけ。
ただ相手のした質問に答えるだけ。みたいな状態に陥りがちです。

馬鹿野郎!!!!!!!
これでは主導権なんて絶対握れない!!!!
じゃあ、どうするか?

まぁ、待て待て。
それをこれから皆さんに解説していきます。

(1)絶対に自分から会話を始めよ!そして会話の流れを作れ!

これ非常に大事です。
初対面の時や、途中で会話が止まった時は必ず自分から会話を始めてください
なぜなら心理学では、初めに声を出した人がリーダーになりやすいと言われているからです。

男女間でもこの法則が当てはまります。
女性が男性をリードしている場合、必ず女性側が会話を始めています。
私も、キャバ嬢をしていた時、会話に困ると最初は沈黙になってしまっていました。

そこでお客さんが良い人であれば会話を続けてくれますが、偏屈な人の場合は全然しゃべってくれずにチェンジされてしまった事も何度もあります。

これではいけないと思い、まず会話は自分から始める
会話が沈黙になっても自分からスタートする。
この2点を自分ルールにしました。

そして身振り手振りを大きくして口角を最大限上げて会話しました。
すると、自然と自分が会話をリードする側になったのです。
相手は、私がリードしている会話の流れの中を、泳ぐ魚のようでした。

私は川なので自由に流れも変える事が出来ますし、方向だって自由自在です。
これこそ正に、会話の主導権を握るという事なのです。

あなたは魚になってはいけません。
男性を泳がせる川でなくてはいけないのです。

(2)とにかく自分のペースに巻き込んでいく

自分が会話の川を作り出した後は、男性をその流れに巻き込んでいくだけです。
最初は、どんな川だろうと警戒していた彼も、徐々に川の深さや流れに慣れてきます。

そしていつしか、川の流れに身を任せる事が気持ちいいと感じ始めるのです。
これを作り出せれば、会話の主導権は握れたも同然

具体的に、どうやってペースに巻き込めばいいか教えます。
(1)では自分から会話を始めると解説しましたが、次は自分で意図的に会話の間を、止めたり早めたりするのです。

例をあげます。
あなた「あっ!めっちゃ、おいしそうなケーキ屋さんある!!」
男性「おっ!!どれどれ??いく??」
あなた「……。」(←ここで間をとめる)
男性「え??(笑)どうしたの?」
あなた「……。」(←まだ止める)
あなた「はぁッッああああああああああああ!!!!!!あまりにもケーキと目が合い過ぎて過呼吸になってたあああ!!!!!!ごめん!!はいろ!!!」

こんな感じです。
この会話中で男性は、あなたの反応に戸惑い、あなたからの言葉を待っています。

この状態を作り出すのです。
間をコントロールし、相手に待たせる事。
これが主導権を握る上で非常に重要。

待たせる側と待つ側では、待つ側が下の構図となるのです。


いかがでしょうか?
今回は、男子との会話で主導権を握れるコツについて書いてきました。
これ以外にもまだまだ主導権を握るコツはたくさんあるので、今後もどんどんお伝えしていこうと思います。

それではまた次回!!

●ライター/隠遁人妻(ライター/恋愛コンサル)