男性をドキドキさせるには、ボディタッチや褒め殺しなど色々なモテテクがありますが、自然にできると男性をドキドキさせる技といえば「間接キス」。

どんな間接キスなら自然で男性に意識してもらえるのでしょうか。
今回は男性をドキドキさせる「間接キス」をまとめました。

(1)1つのドリンクを回し飲み

『「え?いいの?」って気持ちになります』(26歳/IT)

一番初心者向け自然にできる間接キスです。
相手の飲んでるドリンクをちょっともらったり「飲む?」と聞いてドリンクを回して飲みましょう。
人数が多い場合、意中の人以外とも回すことになるのでご注意を。

(2)味見と称してシェア

『サラッと持ってるお酒を飲んじゃう子とか、意識してしまいますね~』(33歳/人事)

一緒にランチに行ったり、一緒にお酒を飲みに行って味の違うドリンクをその人とシェアする時に自然に使える間接キスです。
親密度も上がり、自然にできて、その人のみとシェアできるので回し飲みが自然にできる人におすすめ。

(3)相手のスプーンで食べさせてくれる

『彼女のスプーンで「あーん」ってされるとキスを連想しちゃいます』(32歳/コンサル)

ラブラブ度が高まって、ちょっと男女の仲を意識させることができるのが「あ~ん」とスプーンやお箸を使って相手に食べさせる間接キス。
首をかしげて「おいしい?」と聞くと可愛さ倍増です。
人前では嫌がる男性もいるので、二人きりのときにするのが オススメ。

(4)アイスのシェア

『どこを舐めるか考えながらドキドキします!』(27歳/不動産)

ちょっと上級者なのがアイスのシェア。
同じスプーンを使って食べる、もしくはソフトクリームなどを一緒に舐める様な間接キスです。
同じところを舐めるか、ちょっと避けて舐めるか、どっちにしろ戻したところを彼女が舐めるまで男性はドキドキが止まりません。

さりげない間接キスからちょっとディープな間接キスを試したい人にオススメです。


男性をドキドキさせたり意識させたりするためには、こっちが平常心を装うことが大事です。
こちらが意識せず自然に行うには、実践が一番。
慣れていない人は回し飲みから自然に出来るようにトライしてみましょう。