大人になったら自然と色気がでると思っていませんでしたか?
実はそうではないようです。

今回は、男が「色気あるな」と思うポイントをまとめたので、色気がないと言われたり、色気がなくて悩んでいる方は実践してみてくださいね。

(1)動作はおっとり&ゆっくり

『どこか女性らしい仕草をする人に会うとドキッとする』(29歳/営業)

動作に女性らしさを感じると色っぽいと感じる男性が多いようです。
流れるような仕草や、髪をかき上げる動作など、しなやかな女性仕草を日常に取り入れて、女性らしさを演出し、色っぽさをアップさせると良いでしょう。

首を傾ける、おっとり喋るなんかも効果的です。

(2)笑い方が上品

『笑い方が上品だと大人っぽくて色っぽさを感じる』(34歳/コンサル)

すぐに癖が出てしまい、色っぽいか、おばさんぽいかの印象が分かれてしまう笑い方。
意識することで印象を変えられるなら、今からでも遅くないはず。

最初は自分で意識して、友達にも笑い方を変えたいとチェックしてもらうようお願いするのもいいかもしれません。

(3)揺れるアクセサリーを身に着けている

『控えめなゴールドの揺れるイヤリングやピアスを付けている女性は色っぽい』(33歳/アパレル)

仕草だけでなく、視覚的に男性を虜にさせるために使えるのが揺れアクセ。
男性は揺れる、動くものに目がいってしまう性質を利用した視覚的モテテクです。

アクセサリーに疎い男性でもつい目がいってしまうので、持っていない人は色気をアップさせるアイテムとして1つゲットしておくといいでしょう。

(4)露出は少ないのに体のラインが出る服をまとっている

『谷間が見えるよりも上品な色気を感じますね』(32歳/金融)

色気というと谷間にミニスカと思っていませんか?
アラサーになるとそんな直接的なものよりも、見せない色気の方が男性をそそります。
体のラインが出るタイトな服や、肩や足首の見える服装に変えてみてはどうでしょうか。


ちょっとした仕草や、ちょっとしたアイテムで色気は醸し出せます。
色気がないとあきらめず、少しの仕掛けで色気を武器にしてみませんか?