身に付ける洋服によって、その日の気分も決まるといっても過言じゃないくらい、ファッションって大切ですよね。
スカートなら女の子らしい気分、パンツスタイルならバリバリと働きたい気分などなど……。
では、そんなファッションの中でもスタイルアップが叶う洋服はどんなものなのかみていきましょう。

(1)ワイドパンツ

『大人女子な装いで好き』(34歳/医療)

ワイドパンツはその名の通り、ワイドなパンツ。
なので、足の太さをカバーできる優れものです。

ここ数年、トレンドでもありますし、季節問わず活躍できるものなので、必ずひとつは持っておきたいもの。
また、ボトムスにボリュームがある形になるので、上半身が細くみえる効果もあります。
チェック柄や花柄やドット柄といったように、いろいろな柄のデザインがあるので、コーデの幅も広がるでしょう。

(2)ハイウエストボトムス

『女の子ならではの服装ですね、しかも可愛い』(30歳/人事)

ハイウエストボトムスはパンツでもスカートでもOK。
高い位置でのウエストを強調できるので、脚長にみえるのに効果的です。
パンツスタイルだと、かっこいいクールな女性を演出できますね。

スキニーパンツだと、よりかっこよくきまるはず。
ただ、脚のラインがくっきりとでるので日々の努力は必要ですね。
そして、スカートでのハイウエストは、レトロ感があって可愛らしくなることでしょう。

(3)ウエストリボントップス

『リボンは女の子の特権だよね~』(24歳/会社員)

スカートやパンツのボトムスでウエストを強調するだけでなく、トップスでウエストデザインがあるものも流行っています。
トップスのウエストがしぼられていて、そこに大きめのリボンがポイントとしてあるデザインです。

トップスをボトムスにインするコーデは動きづらいという人にはオススメ。
スタイルアップだけでなく、大きめのリボンで女性らしいコーデになるでしょう。

(4)ロングカーディガン

『揺れるフォルムがいい』(28歳/証券)

カーディガンでも、ロングのカーディガンを選ぶのがポイント。
羽織ものが長めだと、縦のラインが強調されるので、細くみえる効果があります。

また、カーディガンだと季節問わず羽織れるので、いつでもスタイルアップができるでしょう。
体のラインが隠せるというのも良いところですよね。


いかがでしたか?
同じ洋服でも、着用の仕方によって見た目が変わってきます。

ワンパターンなコーデではなく、いろいろと試してみるのも良いですよね。
そして、自分に似合うコーデをみつけていきましょう。