好きな人にLINEするのはドキドキしますよね。
緊張して勢いで取り返しのつかない意味深な内容を送ってしまったり、逆に考えすぎて何も送れなかったり……
でも、やり取りをしないと二人の関係は平行線のままです。

間違いのないLINEの内容が分かればいいのですが……
そんな方に今回ご紹介するのが、男が「いつ届いても嬉しいLINE」です。
悩んでいるなら、こちらを送ってみてくださいね。

(1)励まし系のLINE

『大事な仕事の前とか、フットサルの試合前に「ガンバレ!」ってLINEがくると嬉しいです』(29歳/人事)

男が嬉しいと感じるLINEの一つが、自分を励ましてくれる系の内容。
仕事で新しいプロジェクトを任されたり、週末に趣味の大会があるという話を聞いた後など、励まし系のLINEを送ってみましょう。

自分のことを気にかけてくれてるんだ、と男性はうれしくなるはずです。

(2)電話したい、会いたいのドキドキLINE

『俺のこと好きなのかなって期待しちゃいますね。笑』(33歳/コンサル)

付き合っていたり、付き合う直前のラブラブ期に効果的なLINEがこちらの会いたい系LINE。
大人になると甘えるのにも勇気がいったり、素直な気持ちを伝えるのもなかなか難しいですが、だからこそ相手が喜ぶLINEなんです。

ただ、仲がそんなに良くない場合は相手がびっくりしてしまうかもしれないので仲良くなってから使うようにしたいですね。

(3)自分の趣味に寄った話題

『僕の好きなアーティストの新曲とかの情報を送ってきてくれると、気にしてくれたんだと嬉しくなります!』(31歳/アパレル)

バイク、車、音楽、漫画、スポーツなど、男性の趣味に寄せた話題のLINEも男性に喜ばれます。
最初は質問でもいいですが、自分で調べて相手が知らない情報を共有したり、提供できるようになったりすると距離が近づくので、LINEを活用して距離を縮めてください。

(4)ねぎらってくれる系LINE

『仕事あとに「お疲れ様!」ってLINEが入っていると嬉しいです』(34歳/不動産)

一番べたで無難なLINEがねぎらう系の内容です。
仕事終わり、飲み会の後などどんなタイミングでも送りやすいのがいいですね。
最初は「お疲れ様」からはじめるのがいいかもしれません。


いかがでしたか。
恋愛初期に大事なのは相手に負担をかけず、距離を縮めること。
そのためにLINEは有効に使えば会えなくても効果を発揮します。

まずは男性に自分の趣味に興味がある、自分をねぎらってくれるという印象を与える内容を送り、距離を縮めましょう。